シリーズ累計販売本数40万本突破の“ものづくり”アクションアドベンチャー『テラリア』の、プレイステーション4(以下:PS4)版が2015年2月19日に発売決定となった。PS3/PS Vita版とのクロスプレイ・クロスセーブ対応にも対応している。

【関連】“ものづくり”アクションアドベンチャー『テラリア』 フォトギャラリー

 『テラリア』は、土や木などのブロックで構成された広大な世界の中で、プレイヤーがブロックを自由に掘って素材を集め、アイテムや家などを建てながら独自の世界を作りあげていく“モノづくりアクションアドベンチャーゲーム”。

 現在、PS3/PS Vita/iOS/Android版が発売中だが、新たに登場するPS4版はPS3とPS Vita版とのクロスプレイ・クロスセーブに対応しているため、これまでに作成したキャラクターやワールドがすべて引継ぎ可能なのが特徴だ。

 そのほか、ズーム機能の追加で描画エリアが拡大し、作った建物をPS4のShare機能でより手軽に共有が可能に。さらに、リアルタイムにマップを表示できるiOS&Android向けコンテンツの配信も予定しており、冒険や探索が今まで以上に手軽で面白く進化する点にも注目したい。

 PS4版『テラリア』は2015年2月19日発売。パッケージ版(3241円・税別)とダウンロード版(2315円・税別)の2バージョンで展開される。