少年と犬との絆を描く『名犬ジョリィ』実写映画化 仏で300万人動員の大ヒット作公開

 日本でもアニメ『名犬ジョリィ』として親しまれた世界的ベストセラーを実写化し、ユダヤ人家族を救うため、冬の“アルプス越え”に挑む孤児セバスチャンと野犬ベルの絆を描いた映画『ベル&セバスチャン』が、9月19日より日本公開されることが決定した。

【関連】『ベル&セバスチャン』場面写真<画像拡大>

 アルプスの麓の小さな村で暮らす孤児セバスチャンは、家畜や人を襲う“野獣”として村人から命を狙われる野犬と出会う。その犬にベルと名付け、懸命に守っていく中で、孤独なもの同士次第に心を通わせていくふたり。そんな中、村にも戦争が影を落とし始め、ナチスの捜索からユダヤ人一家を救うために、ベツとセバスチャンは道案内として危険な冬の“アルプス越え”に命懸けで挑む…。

 自然と犬に人生を捧げるニコラ・ヴァニエ監督が、日本でもテレビアニメ化された世界的ベストセラーを、戦時中のアルプスを舞台により奥深い人間ドラマとして実写映画化。美しく雄大なアルプスの景色と、大自然と共に暮らす人間の営みへのあたたかな眼差しは、冒険家でもあるヴァニエ監督ならではだ。

 主人公セバスチャンを演じるのは、2400人の中から選ばれ今回が映画初出演となるフェリックス・ボシュエ。また、フランスを代表する国民的女性シンガーZAZ(ザーズ)が主題歌を担当し、ナチスに立ち向かうベルとセバスチャンの絆と勇気の物語を一層盛り上げる。

 映画『ベル&セバスチャン』は、9月19日より新宿武蔵野館ほか全国順次公開。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク