映画の「最も奇妙なラブストーリー」10選!人間×人形・怪物・袋…珍カップル集合

 美男・美女が運命的な出会いを果たし結ばれる、もしくは美しく散る…これが“ラブストーリー”の定番だが、海外サイトWHAT CULTUREは「人生はいつもメグ・ライアン作品のようには行かない」と異議を唱え、映画の中の“奇妙な恋愛”トップ10を選出。人間×人形、人間×動物、ひいては人間×袋(!!)といったとんでもカップルを紹介する。

【関連】「映画の中の最も奇妙なラブストーリー10選」を写真で見る

 1位に選ばれたのは日本未公開の映画『Harold & Kumar Go To White Castle(原題)』より主人公の1人・クマールと “マリファナの袋” 。記事ではマリファナそのものではないことを強調しており、クマールのその情熱は、“マリファナの袋”とのベッドシーンまで想像してしまうほど。結婚式をあげ、喧嘩しながらもラブラブな結婚生活を夢見るシーンにこの上ない愛情を感じる。

 2位にランクインしたのはライアン・ゴズリング主演『ラースと、その彼女』よりラースとリアル・ドールのビアンカ。リアル・ドールに興味ある男性はいるが、こんなにも強い愛情を持って接する男はいないとのこと。そしてビアンカを家族や友達に紹介するという奇妙すぎる展開にも関わらず、涙を誘うストーリーも評価された。

 3位には『her/世界でひとつの彼女』より、主人公・セオドアと人工知能型OS・サマンサ。肉体はなく声だけの存在ではあるが、彼にとって誰よりも魅力的で人間らしい女性であるサマンサへのこの執着は、理解ができる、とのことだ。ちなみに声の主はセクシーな女優スカーレット・ヨハンソン。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク