広瀬すず&山崎賢人にとって飛躍の年? 2016年も漫画原作の実写化が花盛り

広瀬すず&山崎賢人にとって飛躍の年? 2016年も漫画原作の実写化が花盛り
広瀬すずと山崎賢人、2016年は人気漫画の実写化に出演
 各映画賞を賑わせている『海街diary』や、いろいろな意味で話題になった『進撃の巨人』など、漫画原作の実写化が続々と登場した2015年。2016年もこのブームは健在だ。そこで2016年にスクリーンにお目見えする期待の実写化作品をピックアップ!

【関連】2016年公開・漫画原作の実写作品<フォトギャラリー>

 まずは、1月23日より公開される小栗旬主演の『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』。漫画原作の実写化作品に出演することの多い小栗が、一人二役に挑む歴史エンタテインメントだ。戦国時代にタイムスリップし、織田信長の身代わりとして生きることになった青年の数奇な運命を描く。テレビドラマから続く物語で、いよいよ舞台は本能寺の変へ。小栗の熱演、感動のクライマックスに期待したい。

 累計発行部数1300万部を誇る漫画を映画化する『テラフォーマーズ』(4月29日公開)も早くも人々の関心を集めている。人型に進化したゴキブリと人間たちが壮絶な戦いを繰り広げる物語だが、『寄生獣』『進撃の巨人』などと同じく、“未知なるものとの戦い”をどのような迫力を持って映像化するのかに注目だ。メガホンをとる三池崇史監督は、「伊藤英明、そして山田孝之は理不尽なものと戦うのにピッタリ」とキャスト陣にも厚い信頼感を寄せている。

 また、タコ型生物“殺せんせー”の熱血教師ぶりを実写化して高い評価を得た『暗殺教室』の続編『暗殺教室~卒業編~』(3月25日)も、話題性たっぷり。主人公の渚役を山田涼介が続投することに加えて、前作で“殺せんせー”の声を演じた二宮和也が、死神役として満を持して登場する。原作者の松井優征が脚本も含めた作品監修にも参加するとのことで、原作のスピリットをしっかりと受け継いだ映画となりそうだ。 少女漫画の実写化に目を向けてみよう。“競技かるた”に懸ける少女の情熱・恋・夢を描く人気コミックを二部作で映画化する『ちはやふる‐上の句‐』(3月19日公開)『ちはやふる‐下の句‐』(4月29日公開)は、広瀬すずの初主演映画としても要チェックだ。原作の主人公・千早の設定が“背が高い”ということもあり、広瀬の抜擢に不安の声も上がったが、ビジュアルや予告編が公開されるやそのハマりぶりに「かわいい!」といった歓喜の声も多数。ぜひ映画の完成を楽しみにしたい。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る 2016年1月2日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。