劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』スペシャルステージが27日、「Anime Japan2016」にて行われ、津田健次郎(海馬瀬人役)、高橋広樹(城之内克也役)、竹内順子(海馬モクバ役)、花澤香菜(セラ役)、日野聡(マニ役)が登壇。オリジナルと新キャストの登場を、会場に集まったファンは大歓声で迎えた。

【関連】「Anime Japan2016」コスプレ フォト特集

 劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』は、1996年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載開始し大ヒットとなった『遊☆戯☆王』初の劇場版。キャラクターには、シリーズ1作目の「武藤遊戯」と「海馬瀬人」が登場し、完全新作のオリジナルストーリーとして描く。

 津田、高橋、竹内の3人は、TVシリーズ1作目で同役を演じており、今回の劇場版で久しぶりに集結。竹内が「かなり(久し)ぶりに会ってるのに、すごくすんなり役に入れました」と話すと、津田と高橋も同調。津田は「(武藤遊戯役の)風間俊介の変わってないこと!」と、風間含め、メインキャストは役へのブランクを感じることはなかったようだ。
  
 津田は劇場版に登場する海馬を「一切変わっていません」ときっぱり。「みなさんのご期待に添える変わってなさです」と話し、劇場版への期待を煽る。一方、新キャラクター・セラ役で出演する花澤は『遊☆戯☆王』シリーズ初出演。日野は花澤が同シリーズの名セリフ“決闘(デュエル)”を練習していたらしいというエピソードを暴露すると、花澤は少し頬を染め「出演が決まったと聞いた時は、まだ手元に台本がなかったので…」と、「デュエル!」の練習は事実だと明かす。