海外メディアThe Playlistが、21世紀に生み出された最高のアニメ映画を50本選出。日本の作品からは、『千と千尋の神隠し』(03)や『東京ゴッドファーザーズ』(03)などがランクインした。

【関連】21世紀最高のアニメ映画ベスト上位10位<フォトギャラリー>

 47位につけたのは、今は亡き名匠・今敏監督がメガホンを取った、『東京ゴッドファーザーズ』。東京で暮らすホームレス3人が、ゴミ捨て場で拾った赤ちゃんと出会い、その両親を探して旅するというユニークな物語、そして物語からにじみ出る温かさや、思いやりの心が評価された。ちなみに元ネタは、1949年のアメリカ映画『三人の名付親』。今監督の作品からは、『パプリカ』も42位に選出されている。

 先日に野外でリバイバル上映を行って話題を呼んだ、細田守監督の『時をかける少女』(06)は34位にランクイン。1983年に発表された、大林宣彦監督による同名実写映画をアニメ化した本作では、時をさかのぼることができるようになった女子高校生が経験する、切ない青春の日々が描かれる。美しいアニメーションと独自性が評価された本作で、細田監督は海外から「今監督、宮崎駿監督、高畑勲監督に代わる若き才能」と絶賛された。

 栄えある1位に選ばれたのは、宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』。300億円越えという、国内歴代最高の興行成績を誇る本作では、不思議な世界で豚に変えられた両親を救うため、湯屋で働く少女・千尋の姿が描かれる。千尋の両親が豚に変えられたことをきっかけにファンタジー性と曖昧さを増していく物語は、「グロテスクで恐ろしく、スリリングで美しい、そして西洋で育った者にはすごく珍しい」と絶賛を受けている。