ヨシダナギ、『ブラックパンサー』はアフリカ少数民族を凝縮した“本物”のヒーロー!

 アフリカを中心に世界中の少数民族を撮り続けるフォトグラファーのヨシダナギが、現在、大ヒット公開中のマーベル・スタジオ最新作『ブラックパンサー』を自ら劇場に足を運び鑑賞。「私が知っているアフリカ人の暮らしや人間性が見事に反映されていた」と笑顔で語る彼女は、細部にまでこだわった本作のクオリティーに感心しきり。「ヒーロー映画として描かれているけれど、彼らのかっこよさは本物。決して作り物の“ヒーロー”ではない」と太鼓判を押した。

【写真】ヨシダナギインタビュー写真&『ブラックパンサー』場面写真

 本作は、若き国王と漆黒のヒーローという2つの顔を持つ男ティ・チャラ(チャドウィック・ボーズマン)が祖国の存亡を懸けて死闘を繰り広げるアクション・エンタテインメント。超文明国ワカンダの国王だった父を亡くした息子ティ・チャラが、祖国の秘密である世界を破壊するパワーを秘めた鉱石“ヴィブラニウム”を守るため、“ブラックパンサー”に変身し、世界中の敵と戦う姿を壮大なスケールで描く。

 5歳の時に偶然テレビで観たマサイ族のスタイルに魅了され、その後、独学で写真を学び、2009年よりアフリカを中心に世界中の少数民族をカメラに収めてきたヨシダ。現地をよく知る彼女だけに、本作に対する反応が気になるところだが、開口一番、「私が知っているアフリカ少数民族の気質や昔ながらの暮らし、ファッションなどが上手に盛り込まれていて、とても親近感が持てた」と満面の笑顔を見せる。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ブラックパンサー」に関する記事

「ブラックパンサー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ブラックパンサー」の記事

次に読みたい「ブラックパンサー」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク