長澤まさみ、ハワイでセクシー大解放!白シャツに透け水着で悩殺

 女優の長澤まさみが2日、都内にて行われた映画『50回目のファーストキス』の公開記念舞台挨拶に、ダブル主演を務める山田孝之、共演のムロツヨシ、佐藤二朗、太賀、山崎紘菜、福田雄一監督と共に参加した。一番の思い出を聞かれたムロが、ハワイのロケで、長澤のセクシーな姿に悩殺されたことを明かす一幕があった。

【写真】『50回目のファーストキス』公開記念舞台挨拶フォトギャラリー

 本作は、ハワイ・オアフ島を舞台に、事故による後遺症で新しい記憶が1日で消えてしまう短期記憶障害を抱える瑠衣(長澤)と、そんな彼女に一目惚れした元プレイボーイのツアーコーディネーター・大輔(山田)との一生に一度の恋を描いた大人のラブストーリー。撮影はハワイで行われた。

 一番の思い出を聞かれたムロは、ホテルのプールサイドでスタッフを含めて食事をしていた際に「まさみちゃんが水着で来た。しかもその上に大きめな白いシャツを着て。それって男子が一番好きなヤツ」と思わず見とれたことを告白。さらに「しかもそのままプールに入って、出てきて…(濡れたシャツから水着が透ける)男子が一番好きな女子の姿になった。その後ろ姿…いい酒でした」と詳細に報告。福田監督は「水着だけだとみんながドキドキしてしまうと思って、いわゆる忖度だね」と長澤の行動心理を分析していた。

 また、理想のキスのシチュエーションの話になり、長澤が語り出そうとすると、福田監督が「プライベートのやつね。これタマラン!ってやつね」と前のめりでおねだり。その圧に長澤が「特にないですね…」と言葉少なになると、福田組常連の佐藤とムロがタッグを組んでしつこく追及。

 ムロから「唐突キスなのか、それともキスされるのがわかっている方がいいのか?」と二択を迫られた長澤は「唐突キス。さりげなく唐突がいい」と白状し、「振り向いた瞬間、キスされる間があるのがいい。急にやられるのは野蛮」と話し、「振り向いたときの間がほしい。急に、突然じゃない。彗星みたいのはイヤ」と続けた。見事に長澤の理想のキスを聞き出した佐藤は「はは~ん、いわゆるスムージーねぇ」と満足そうだった。

 映画『50回目のファーストキス』は公開中。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ムロツヨシのプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ムロツヨシ」に関する記事

「ムロツヨシ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ムロツヨシ」の記事

次に読みたい「ムロツヨシ」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク