『トイ・ストーリー4』洋画アニメOP興収歴代No.1スタート!

『トイ・ストーリー4』洋画アニメOP興収歴代No.1スタート!
7月13日~14日全国映画動員ランキング1位:『トイ・ストーリー4』(C)2019 Disney/Pixar.All Rights Reserved.
 7月13~14日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『トイ・ストーリー4』が、初週土日動員103万1000人、興収13億7700万円を記録し、初登場首位を獲得。公開から3日間の合計では、動員数127万人、興収17億686万円を突破。この数字は、洋画アニメーション歴代ナンバー1のオープニングで、これまでトップだった『アナと雪の女王』(最終興収255億円)の成績を塗り替える歴史的記録となった。公開初日の12日~15日までの4日間では、動員185万人、興収24億4073万円。

【写真】写真で見る「7月13日~14日全国映画動員ランキング」

 2位は、ポケモン映画シリーズの記念すべき第1作『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』をフル3DCGで描いた『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』が、初週土日動員45万4000人、興収5億5300万円をあげ初登場。12~15日までの4日間では、動員75万人、興収9億円を突破する好スタートを切った。

 公開から5週連続で1位だった『アラジン』は、3位にランクダウンも、週末土日動員35万人、興収4億9100万円という高い数字。累計では動員690万人、興収98億円を突破。今週中の興収100億円突破は間違いないだろう。

 そのほか、公開3週目を迎えた4位の『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』が累計興収24億円、公開4週目の6位『ザ・ファブル』が累計15億円、公開5週目の8位『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』が累計9億円を突破している。

 7月13日~14日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:トイ・ストーリー4
第2位:ミュウツーの逆襲 EVOLUTION
第3位:アラジン
第4位:スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
第5位:Diner ダイナー
第6位:ザ・ファブル
第7位:それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫
第8位:劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム
第9位:新聞記者
第10位:劇場版 Free!‐Road to the World‐夢

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月17日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。