『ダンボ』トリビア映像公開! 実写版に隠された細かい“オマージュ”を解説

『ダンボ』トリビア映像公開! 実写版に隠された細かい“オマージュ”を解説
『ダンボ』MovieNEX トリビア映像公開!(C)2019 Disney
 ウォルト・ディズニーが手がけた、名作アニメーションを鬼才ティム・バートン監督が実写映画化した『ダンボ』。本作のMovieNEX発売にあわせて、実写版『ダンボ』に隠された細かいオマージュを解説するトリビア映像が解禁となった。

【写真】来日したコリン・ファレルと声優を務めた西島秀俊

 今回公開された映像は、MovieNEXとデジタル配信(購入)で楽しめるボーナス・コンテンツ“アニメーション映画『ダンボ』へのオマージュ”のワンシーン。

 本作のメガホンをとったティム・バートン監督は、アニメーション版『ダンボ』の大ファンと自ら公言し、アニメーション版へのオマージュもたくさん取り入れている。本映像では、実写版『ダンボ』に隠されたトリビアを、アニメーション版の映像と並べて解説しながら進んでいく。

 初めに登場するのは、ケイシージュニア・トレインに記されている“41”の数字で、これはアニメーション版の公開年1941年を意味している。このケイシージュニア・トレインは、フィルムメーカーたちの手によって実物大の機関車が作られるほど、オープニングを飾るにふさわしい手の込んだキャラクターだ。

 また、アニメーション版ではダンボの友達で、口笛を奏でたり好物のピーナッツを帽子に隠していたティモシーは、サーカス団の一員として、全く喋らないキャラクターとして登場しているが、ピーナッツ好きは同じ。

 キャラクターの衣装にも注目してみると、メディチ・ブラザーズ・サーカス団団長のメディチ(ダニー・デヴィート)は、アニメーション版とそっくりな衣装を着用しており、玉乗り芸人の帽子はアニメーション版のダンボの黄色い帽子がモチーフとなっている。

 今回解説されているトリビア以外にも、本編にはバートン監督の愛あふれるオマージュが多数隠れている。また、MovieNEXには、“アニメーション映画『ダンボ』へのオマージュ”のほかにもメイキング映像や、エンドソング「ベイビー・マイン」を担当したアーケイド・ファイアのミュージックビデオなど、貴重なボーナス・コンテンツが多数収録さている。

 『ダンボ』MovieNEX発売中。デジタル配信中。

あわせて読みたい

気になるキーワード

クランクイン!の記事をもっと見る 2019年7月19日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ディズニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ディズニー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アベンジャーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「アベンジャーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スター・ウォーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「スター・ウォーズ」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。