ウィル・スミス『ジェミニマン』、23歳の暗殺者VS最強スナイパーが激突! 本予告解禁

ウィル・スミス『ジェミニマン』、23歳の暗殺者VS最強スナイパーが激突! 本予告解禁
映画『ジェミニマン』場面写真(C)2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
 俳優のウィル・スミスが主演を務め、巨匠アン・リー監督がメガホンを取る映画『ジェミニマン』より、アクションシーン満載の最新予告映像が公開された。ウィル・スミスが“23歳の暗殺者”と“最強スナイパー”に扮し、全面対決を披露する。

【写真】『ジェミニマン』メイキング風景

 本作は、伝説的暗殺者が政府に依頼されたミッションを遂行中、自分の動きを全て把握し神出鬼没で絶対に殺せない最強のターゲットに遭遇。その正体が、自身の若きクローンであると知り、政府を巻き込むクローン技術の巨大な陰謀に巻き込まれていく近未来アクションエンターテイメント。

 解禁された予告映像は、ウィル演じる最強のスナイパー、ヘンリーが、その持ち前のスナイパー技術で敵を狙撃するところから始まる。その後は“ジェミニ”と呼ばれる最強の敵が、自由自在にバイクを駆使した武術(バイフー)を繰り出し、手に汗握るアクションシーンの応酬を見せる。映像の後半からは、ヘンリーとそのクローンとの戦いに隠された「陰謀の存在」を予感させる展開となっている。なぜヘンリーを殺すために彼のクローンが送られてきたのか、そしてヘンリーが語る「俺たちの真実」とは何なのか、これまで謎に包まれていた新たな展開も明らかになる。

 本作の撮影では、最新技術によりウィルが最強のスナイパー、ヘンリーと秘密裏に作られた自身の20代のクローン、一人二役で2つの世代を演じ分ける。ウィルは「これまで俳優として培った経験のおかげで、2つの世代を演じ分けることができた。23歳の頃ではジュニアは演じることが出来なかった」とコメントするなど、自身のキャリアの中でも最もハードルの高い役柄だったとも語っている。

 さらに、撮影では毎秒120フレーム撮影、かつ4K×3D映像という新時代のテクノロジーが導入された。VFX責任者のビル・ウェスタンホッファーは「複雑に聞こえるかもしれないけど、その意味は単純なんだ。つまり、観客がアクションの世界に入り込んだ感覚を味わえるってことだ」と豪語するほど、革新的映像に自信を見せている。

 映画『ジェミニマン』は10月25日より全国公開。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月31日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。