宮脇咲良、自身の原点とも言える『ライオン・キング』への熱い思いを語る!

 アニメーションや舞台など様々な分野で記録を築き上げてきたキング・オブ・エンターテインメント『ライオン・キング』が、新たに“超実写版”としてこの夏、進化してやってくる。劇中、展開される圧倒的な映像と音楽、奥行きのある世界観に魅了されたのが、グローバルグループ「IZ*ONE」のメンバーとして活躍中の宮脇咲良だ。

【写真】超実写版『ライオン・キング』場面写真

 宮脇はHKT48に加入前の10歳のとき、劇団四季のミュージカル『ライオン・キング』の福岡公演に、ヤングナラとして出演した経験があり、本作には大きな思い入れがあったという。「全部の曲を歌えるほどこの作品が好きで、映画を観ながら『ここは舞台と同じだとか、こうアレンジしたんだ!』など私なりの発見がありました。舞台で『早く王様になりたい』を歌っていたので、そのシーンは、幼少期の自分を思い出してしまい、涙が出てきました」。

 さらに『ライオン・キング』の持つ壮大な世界観も宮脇の心には刺さった。「動物たちの表現力など映像のリアルさと迫力は言うまでもないのですが、『サークル・オブ・ライフ』というテーマのもと、生きることの厳しさや命の大切さなど、物語が持つスケールの大きさは、他の作品とは一線を画している。本当に大好きな作品です」と語る。

 なかでも、サバンナの王になることを宿命づけられたシンバに感情移入する部分が多かったようだ。「悩みながらも自分の使命を全うしようとするところが、ものすごく格好いいなと思います。生まれながらになにかを背負い、誇りを持って進むことに潔さを感じました」。

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク