中村倫也「人見知りはやめよう」と決めた過去 “人たらし”のコミュニケーション術

中村倫也「人見知りはやめよう」と決めた過去 “人たらし”のコミュニケーション術
中村倫也 クランクイン!
 現在、映画、ドラマ、舞台と引っ張りだこの俳優・中村倫也。作品で共演した人々からは、先輩・後輩問わず中村の「コミュニケーション能力」を絶賛する声が多く聞かれる。映画『屍人荘の殺人』のイベントなどでも、共演した神木隆之介や浜辺美波らと和気あいあいとする姿が、現場の雰囲気の良さを感じさせる。「人との距離感を考えないぐらいニュートラルにいること」を心掛けているというという中村のコミュニケーションの極意に迫る。

【写真】取材中にも和やかな表情を見せた中村倫也 撮り下ろしカット(9枚)

■明智は「自分の中での世界で推理を楽しんでいる」

 本作で中村が演じるのは、神紅大学のミステリー愛好会に所属している、年齢不詳の自称ホームズの明智恭介。神木隆之介演じる推理下手な万年助手の葉村譲を従え、つかみどころがない青年を演じているが「明智という男を想像したとき、まず感じたのが、好きなことに熱中する無邪気さ。例えば、子どもが自分にしか見えない対向車をよけたりしながらミニカーで遊んでいたりするのってあるじゃないですか。常にそういうモードで、自分の中での世界で推理を楽しんでいるような…そんな人物像が思い浮かんだんです」と役へのアプローチ方法を述べる。

■“人たらし”のコミュニケーション術

 確かに劇中で中村が演じた明智は、童心に溢れた仕草や表情で葉村を振り回す。それでいて振り回される方も、それを楽しんでいるかのようだ。独特だが、明智と葉村の関係性は、ある“信頼”の上に成り立ったコミュニケーションの形を提示する。そこには中村の持つ“人たらし”的な魅力があるのではないだろうか。前述したように、現場での中村の立ち振る舞いを絶賛する声は多い。そのことを本人に伝えると「人との距離感を考えないぐらいニュートラルにいること」を心掛けているというのだ。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月8日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。