和装が新鮮! 広末涼子の麗しい着物姿公開『嘘八百 京町ロワイヤル』

和装が新鮮! 広末涼子の麗しい着物姿公開『嘘八百 京町ロワイヤル』
映画『嘘八百 京町ロワイヤル』で着物美人・志野を演じる広末涼子の場面写真(C)2020「嘘八百 京町ロワイヤル」製作委員会
 俳優の中井貴一と佐々木蔵之介がダブル主演を務めるコメディ映画『嘘八百』シリーズ第2弾『嘘八百 京町ロワイヤル』より、本作のマドンナ・広末涼子が演じる志野の麗しい着物姿を切り取った場面写真が解禁された。

【写真】広末涼子の着物姿が麗しい…『嘘八百 京町ロワイヤル』新カット(3枚)

 本作は、華やかな日本伝統文化を舞台に、中井と佐々木を始めとする豪華キャスト陣の共演で贈る、世紀のコンゲームの第2弾。昨年公開されたシリーズ1作目『嘘八百』は、大物狙いで空振りばかりの目利き古物商・小池則夫(中井)と、腕は立つのに落ちぶれくすぶっていた陶芸家・野田佐輔(佐々木)がタッグを組み、家族や大御所鑑定士、文化庁をも巻き込んで幻の利休の茶器で一攫千金を狙うという物語だった。

 続編となる本作では、再会した則夫と佐輔が、数知れぬお宝が眠る京都と堺を股にかけ、武将茶人・古田織部の幻の茶器をめぐり再びタッグを組む。中井と佐々木に加え、新たに2人と幻の茶器に深く関わってくる着物美人の志野を広末が演じる。監督は前作と同じく武正晴。脚本も引き続き今井雅子、足立紳によるオリジナル脚本となる。

 今回解禁されたのは、広末演じる志野の着物姿を捉えた場面写真。志野は、父の形見であり、5000万円以上の値打ちがあると言われる、千利休の弟子にして「天下一の武将茶人」と称された古田織部の幻の茶器「はたかけ」を騙し取られたと、則夫(中井)と佐輔(佐々木)に助けを求めるという役どころだ。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月15日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。