志村けん&菅田将暉、“二人一役”で松竹映画100周年記念作にW主演 監督は山田洋次

志村けん&菅田将暉、“二人一役”で松竹映画100周年記念作にW主演 監督は山田洋次
映画『キネマの神様』キャスト陣(上段左から)ダブル主演の志村けん、菅田将暉、(下段左から)永野芽郁、宮本信子(C)2020「キネマの神様」製作委員会
 松竹映画100周年記念作品で、山田洋次監督最新作となる映画『キネマの神様』で、お笑い界のレジェンド・志村けんと、俳優の菅田将暉がダブル主演を務めることが決定した。2人は“二人一役”で主人公を演じる。

【写真】映画『キネマの神様』ダブル主演の「志村けん」フォトギャラリー

 松竹映画100周年のメモリアルイヤーを記念した本作は、人気小説家の原田マハによる同名小説が原作。原田が自身の家族、経験をもとに書きあげた思い入れ深い小説を、山田洋次監督が松竹らしい「家族」をテーマにした映画作品へと昇華させる。

 ダブル主演を務めるのは、お茶の間に多くの笑いを届けてきた志村と、実力・人気ともに若手ナンバーワン俳優の菅田。初共演となる2人が世代を超えて、二人一役で主人公を演じる。志村にとって本作は、1999年の映画『鉄道員』以来、21年ぶりの映画出演で、初主演作となる。ほかにも、日本を代表する名女優・宮本信子、若手実力派女優・永野芽郁の出演も決定し、松竹映画100周年記念作品にふさわしい、オールスターキャストが続々と登場する。

 無類のギャンブル好きなゴウ(志村)は、妻・淑子(宮本)や家族に見放されたダメ親父。そんな彼にも、たった1つだけ愛してやまないものがあった。それは“映画”。行きつけの名画座の館主テラシンとゴウは、かつて映画の撮影所で働く仲間だった。若き日のゴウ(菅田)たちは、時代を代表する名監督やスター俳優に囲まれながら夢を追い求め、青春を駆け抜けていた。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「山田洋次 + 蒼井優」のおすすめ記事

「山田洋次 + 蒼井優」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「監督」のニュース

次に読みたい関連記事「監督」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ギレルモ・デル・トロ」のニュース

次に読みたい関連記事「ギレルモ・デル・トロ」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月25日の映画記事

キーワード一覧

  1. 山田洋次 蒼井優

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。