文音×石田ニコル×真魚がアラサー女子の真髄を熱演 『いけいけ!バカオンナ』公開

文音×石田ニコル×真魚がアラサー女子の真髄を熱演 『いけいけ!バカオンナ』公開
映画『いけいけ!バカオンナ ~我が道を行け~』(上段)主演の文音、(下段左から)石田ニコル、真魚(C)鈴木由美子・講談社/ネスト (C)2020映画「いけいけ!バカオンナ」製作委員会
 女優の文音が主演し、石田ニコル、真魚と共演する映画『いけいけ!バカオンナ ~我が道を行け~』が今夏に公開されることが決定した。

【写真】主演の「文音」フォトギャラリー

 『白鳥麗子でございます!』(講談社)などで知られる漫画家・鈴木由美子による同名漫画が原作の本作。主人公・杉山ユウコと女友達の友情を描いた、鈴木の自伝的作品で、映画化に際し、原作のバブル時代を現代に設定を変え、恋愛・仕事・友情と山積みの問題を抱える現代アラサー女子たちのリアルを描く。

 主人公・ユウコを演じる文音は、初の本格コメディエンヌに挑戦。体当たりの演技と、コミカルな変顔の連発で初ジャンルに挑戦する中、切ない心情の部分では、アラサー女子のリアルな機微を演じる。そして、ユウコの友人・セツコを、モデル・タレント・女優として活躍する石田が、同じく友人のエミを、映画『カメラを止めるな!』で注目された真魚が演じる。メガホンをとるのは、映画『渋谷区円山町』や、ドラマ『イタズラなKiss~Love in TOKYO』の永田琴。

 アラサー女子・杉山ユウコ(文音)は、外では自由奔放なイケイケな女を気取っているが、私生活では地味で質素な生活を送る“超”のつく見栄っ張りな性格で、現在は友人の中川エミ(真魚)と一緒に彼氏獲得に励む日々。ある日、ハーフで美人の澤野セツコ(石田)と出会い、お互いの存在に火花を飛ばすが、セツコの真の姿を見てしまったユウコは、急に彼女に親近感を持ち始め、友情が芽生え出す。そんな矢先、セツコが突如結婚すると言い出した。しかし、訳もなくセツコの結婚にダメ出しするユウコ。果たして「女の友情」ははかないものなのか…それとも…。

 文音は「30過ぎても仲良く居続けられる友達はそんなに何人もいないと思うんです。そんな女の友情物語。女性なら誰もが共感できる映画になったと思います。今回初めてコメディーに挑戦しました。見て思いっきり笑ってください!!」とコメントを寄せている。

 映画『いけいけ!バカオンナ ~我が道を行け~』は今夏全国順次公開。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月29日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。