最低映画を選ぶ“ラジー賞”、『キャッツ』が最多9ノミネート

最低映画を選ぶ“ラジー賞”、『キャッツ』が最多9ノミネート
第40回ラジー賞で最多9ノミネート獲得の『キャッツ』 写真提供:AFLO
 アカデミー賞の前に発表される最低映画賞のラジー賞ことゴールデン・ラズベリー賞。今年はスケジュールの都合で、アカデミー賞授賞式前日の8日(現地時間)にノミネーションの発表となった。不名誉にも最低映画賞や最低主演女優賞、最低助演男優賞、最低監督賞などを含む最多9ノミネートを獲得したのは、映画『キャッツ』だ。

【写真】愛すべき最低映画がズラリ!頂点を極めた「歴代ラジー賞」フォト特集

 続く8ノミネートは、俳優のシルヴェスター・スタローンがランボー役に返り咲くアクション『Rambo:Last Blood(原題)』と、ラジー賞常連のタイラー・ペリーのコメディ『タイラー・ペリー マデアの家族葬』という結果に。同じく常連の俳優アダム・サンドラーは、サスペンス『アンカット・ダイヤモンド』で名誉挽回賞にノミネートされている。

 今回はアカデミー賞授賞式の前日にノミネーション発表となったが、ゴールデン・ラズベリー賞受賞作品・受賞者の発表は現時点で未定となっている。

 第40回ゴールデン・ラズベリー賞のノミネーションは以下の通り。

■最低映画賞
『キャッツ』
『The Fanatic(原題)』
『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』
『タイラー・ペリー マデアの家族葬』
『Rambo:Last Blood(原題)』

■最低主演男優賞
ジェームズ・フランコ『Zeroville(原題)』
デヴィッド・ハーバー『ヘルボーイ』
マシュー・マコノヒー『セレニティー:平穏の海』

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「トム・ハンクス」のニュース

次に読みたい関連記事「トム・ハンクス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「キアヌ・リーブス」のニュース

次に読みたい関連記事「キアヌ・リーブス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「コリン・ファレル」のニュース

次に読みたい関連記事「コリン・ファレル」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月11日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。