『風の電話』ベルリン映画祭で3分超の拍手喝采! モトーラ世理奈&諏訪敦彦監督ら登壇

『風の電話』ベルリン映画祭で3分超の拍手喝采! モトーラ世理奈&諏訪敦彦監督ら登壇
第70回ベルリン国際映画祭に出席した映画『風の電話』の(左から)諏訪敦彦監督、モトーラ世理奈、渡辺真起子(C) 2020映画「風の電話」製作委員会
 モデルで女優のモトーラ世理奈が主演を務める諏訪敦彦監督最新作『風の電話』が、第70回ベルリン国際映画祭のジェネレーション部門に正式出品され、現地時間23日に行われたプレミア上映に、諏訪監督、モトーラ、渡辺真起子の3名が出席した。

【写真】諏訪敦彦監督&モトーラ世理奈&渡辺真起子が登壇、『風の電話』第70回ベルリン国際映画祭の様子

 プレミア上映では、800席を超える会場が満席の大盛況となり、ジェネレーション部門らしく10代を含めた幅広い年代の観客が集まった。上映が終了すると、観客から3分間を超える拍手喝采が起き、上映後に登壇した諏訪監督、モトーラ、渡辺はベルリンの映画ファンから熱い歓迎を受けた。

 ティーチインでストーリーをどのように作り上げたのか聞かれた諏訪は、「ハルいう一人の少女の旅を通して、現代の日本のポートレイトを撮りたいと思いました。実際、津波からは9年という時間が経ちました。9年経って見た目にはその傷は見えなくなっているが、人の心にはまだ傷が残っていて、建物を建てかえるように綺麗には出来ないと感じています。実際、その傷がみえなくなっているからこそ、映画の中で様々な時間とというものを見せたり感じさせることが出来るのではないかと感じました」とコメント。

 東日本大震災が起きた2011年当時、12歳で小学生だったというモトーラは、「私は20歳になって、この映画の撮影で初めて被災地に行ったとき、自分は12歳の時からすごく変わったけど、被災地は何も変わっていなくて、そのことが衝撃的でした」と吐露。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月24日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。