土屋太鳳、3回断った難役に挑戦 凶悪犯罪を起こす狂気のプリンセスに

土屋太鳳、3回断った難役に挑戦 凶悪犯罪を起こす狂気のプリンセスに
映画『哀愁しんでれら』主演を務める土屋太鳳の場面写真(C)2021 「哀愁しんでれら」製作委員会
 女優の土屋太鳳が主演する映画『哀愁しんでれら』が、2021年早春に公開されることが決定。土屋は、平凡な毎日から一転、凶悪犯罪を起こしてしまう女性を演じる。併せて、ドレス姿で教室に佇む土屋を捉えた場面写真が解禁された。

【写真】激動の主人公を演じる「土屋太鳳」フォトギャラリー

 本作で土屋が演じるのは、次第に狂い出す運命に身を投じる主人公・小春。小春は、市役所に勤める平凡な女性だったが、一晩で怒涛の不幸にあい、すべてを失ってしまう。人生を諦めようとしていたが、8歳の娘を男手ひとつで育てる開業医と出会い、優しく、裕福で、王子様のような彼に惹かれていく。彼の娘とも仲良くなり、プロポーズを受け入れ、不幸のどん底から一気に幸せの頂点へと駆け上がる。まさにシンデレラとなった小春は、夫と娘と共に幸せな家庭を築いていこうと決意し、新婚生活を始めるのだが、ある日前代未聞の凶悪事件を起こしてしまう…。

 監督は、日本テレビ系列ドラマ『時をかける少女』(2016)、映画『3月のライオン』(2017)、『ビブリア古書堂の事件手帖』(2018)などの脚本を務めた渡部亮平。自主製作映画『かしこい狗は、吠えずに笑う』では、2012年『ぴあフィルムフェスティバル(PFF)』をはじめ多くの映画賞を受賞するなど脚本家、監督としても高い評価を受けてきた。本作の企画は次世代のクリエイター発掘のためのコンペティションであるTSUTAYA CREATORS’ PROGRAMに出品され、2016年のグランプリを受賞。渡部監督自身の完全オリジナル脚本で映画化される。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月19日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。