ステージパパに翻弄される天才子役の成長 ノア・ジュプ主演『ハニーボーイ』予告解禁

 映画『クワイエット・プレイス』シリーズの美少年俳優ノア・ジュプが、ステージパパに翻弄される天才子役を演じる映画『Honey Boy(原題)』が、邦題を『ハニーボーイ』として8月7日より公開されることが決定。併せて、本予告と本ポスターが解禁された。

【写真】あどけない笑顔も! 主演の「ノア・ジュプ」フォトギャラリー

 映画『トランスフォーマー』シリーズの俳優シャイア・ラブーフが、自身の体験をもとに脚本を執筆した本作。主人公は、ハリウッドで人気子役として活躍する12歳のオーティス(ノア)。オーティスが、マネージャーを務める愛情表現が不器用な父ジェームズに振り回されぶつかり合う日々の中、そんなオーティスを心配する保護観察官のトム、モーテルに住む隣人の少女、撮影現場の大人たちとの出会いを経て、成長していく姿が感動的に描かれる。

 ノアは、トラブルを抱える家族や周りの大人たちとの間でままならない日々をどうにか懸命に取り繕い、背伸びして頑張るオーティスを愛らしく健気に演じる。10年後のオーティスを演じるのは、映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたルーカス・ヘッジズ。オーティスの父親ジェームズをシャイアが演じる。

 今回解禁された予告編は、22歳のオーティス(ルーカス)が、ある女性から父親の思い出を尋ねられ、「父親が俺にくれたのは、“痛み”だけだ」とつらそうに答える場面からスタート。次いで、映像は10年前にさかのぼり、人気子役だった12才の頃のオーティス(ノア)と、マネージャーとして彼に付き添う父ジェームズ(シャイア)が登場。無職で前科者の父ジェームズは、いつもイライラした様子で周囲に横暴な態度をとる。そんなトラブルメーカーの父親に振り回され、愛を感じられないでいたオーティスは孤独感とフラストレーションを募らせ、ついに「いい加減にして!」と感情が爆発。そして「ただ、普通の親子でいたかった。一度も叶わなかったけど…」と切なく語る。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「トランスフォーマー」に関する記事

「トランスフォーマー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「トランスフォーマー」の記事

次に読みたい「トランスフォーマー」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク