『マトリックス』は“怒り”から生まれた クリエイターが映画製作の動機を明らかに

『マトリックス』は“怒り”から生まれた クリエイターが映画製作の動機を明らかに
映画『マトリックス』は怒りが原動力で制作 写真提供:AFLO
       
 1999年に第1弾が公開された映画『マトリックス』シリーズ。それまでの常識を覆す、画期的なアクションや、哲学的はテーマを含む本作は、ファンから絶大な支持を得ている。本作のクリエイターの一人、リリー・ウォシャウスキーがインタビューにて、作品を作る原動力となったのは、怒りからだと発言した。

【写真】話題となったシーンの数々…映画『マトリックス』フォトギャラリー

 『マトリックス』シリーズは、これまで3作が公開。リリーと姉のラナ・ウォシャウスキーが、共同クリエイターとして手掛けている。二人はシリーズ公開時、男性としてメガホンを取っていたが、公開後に、トランスジェンダーであることを公表している。

 今回リリーが思いを明らかにしたのは、The Hollywood Reporterのインタビューにて。「(『マトリックス』シリーズは)怒りと抑えがたい憤りから生み出されました。それは資本主義や大企業に支配された構造、そして抑圧の形によるものです。私のなかでふくらみ、沸き立った怒りは、私を閉じ込める、自分自身の抑圧に対するものでした」と胸の内を語った。

 また、「今、私は檻から出ました。トランスジェンダーの女性として歳を重ねることができる前例となって生きています。トランスジェンダーの人々は、本シリーズを、私のトランスジェンダーとしてのレンズを通して、また自身のトランスジェンダーのレンズを通して観ることができる。彼らは『この映画は、私がカミングアウトするのに、私の人生に、重要な役割を果たしたわ』と思う事が出来るのです」と話したという。

 『マトリックス』シリーズは、キアヌ・リーヴス、キャリー・アン・モス、ジェイダ・ピンケット=スミスが続投する第4弾の制作が明らかになっており、最新作に感心が高まっている。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「マトリックス + 映画」のおすすめ記事

「マトリックス + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「マトリックス」のニュース

次に読みたい関連記事「マトリックス」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月5日の映画記事

キーワード一覧

  1. マトリックス 映画

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。