長渕剛の娘・文音、コメディー初挑戦「奥が深くて難しかった」

長渕剛の娘・文音、コメディー初挑戦「奥が深くて難しかった」
映画『いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~』完成披露記者会見に登場した文音 クランクイン!
 女優の文音が29日、都内で行われた主演映画『いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~』の完成披露記者会見に、共演の石田ニコル、真魚と永田琴監督とともに出席。初挑戦となるコメディーで「女子が隠したいだろうなということを全面的に出したのは初めて」と撮影を振り返った。

【写真】文音&石田ニコル&真魚が登場 『いけいけ!バカオンナ』完成披露記者会見フォト

 『白鳥麗子でございます!』(講談社)などで知られる漫画家・鈴木由美子による同名漫画が原作の本作。主人公・杉山結子と女友達の友情を描いた、鈴木の自伝的作品で、映画化に際し、原作のバブル時代を現代に設定を変え、恋愛・仕事・友情と山積みの問題を抱える現代アラサー女子たちのリアルを描く。

 シンガーソングライター・長渕剛の娘でもある文音は、今作がコメディー初挑戦。「コメディーは奥が深くて、難しかったです」と振り返ったうえ、永田監督について「パワフルな方なので、熱量と気合を意識しながら精いっぱい演じました」とコメントした。

 さらに「ニコルちゃんもなんですけど、ものすごく変顔をしてるんですね。たぶん女優さんは変顔をスクリーンの中でしたがらないと思う(笑)。こんなにあからさまに女子が隠したいだろうなということを全面的に出したのは初めてだし、新しい発見でした」と、劇中で振り切った演技をしていることを告白。一方の石田は「変顔ではないんですよね。しようと思って変にした顔じゃなくて、すごく真面目に『うおぉー』っていう顔が変顔になっているというのを、撮影しおわった後はちょっとだけ悩みながら帰りました(笑)」と打ち明け、笑いを誘った。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月29日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。