シャーリーズ・セロン、新人傭兵に拳で教育的指導!? 『オールド・ガード』本編映像
拡大する(全1枚)
映画『オールド・ガード』場面写真
 女優のシャーリーズ・セロンが、不死身の傭兵を率いる女性兵士役で主演を務めるNetflixオリジナル映画『オールド・ガード』より、シャーリーズが揺れる飛行機内でキキ・レイン演じる新人傭兵に拳で教育的指導を行う、激しいアクションシーンの本編映像が解禁された。

【写真】不死身の傭兵部隊を率いるシャーリーズ・セロン『オールド・ガード』フォトギャラリー

 原作は『スーパーマン』『ワンダーウーマン』『ウルヴァリン』などのアメリカンコミックライター、小説家として活躍してきたグレッグ・ルッカによる人気グラフィックノベル。ルッカは本作の脚本・製作総指揮も務めている。映画『ワン・オン・ワン ファイナル・ゲーム』の女性監督ジーナ・プリンス=バイスウッドがメガホンをとり、新しいアクション・ヒロイン像を描き出す。

 共演は、映画『ビール・ストリートの恋人たち』のキキ・レイン、『アラジン』のマーワン・ケンザリ、『ハリー・ポッター』シリーズのハリー・メリング、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のベロニカ・グゥ、『それでも夜は明ける』のキウェテル・イジョフォーら。

 何世紀にも渡り、歴史の影で暗躍し、誰にも知られることなく人類を守り続けてきた秘密の特殊部隊“オールド・ガード”。そのメンバーは“永遠の命”を持つ不死身の傭兵たちであり、彼らを率いるのは女性兵士アンディ(シャーリーズ)。ある日、彼女らの不死身の能力が何者かによって暴かれ、その能力を複製しようと企む謎の組織から狙われることに…。