吉永小百合主演『いのちの停車場』、涙と希望あふれる感動の予告映像2種解禁

吉永小百合主演『いのちの停車場』、涙と希望あふれる感動の予告映像2種解禁
拡大する(全1枚)

 女優の吉永小百合が主演を務める映画『いのちの停車場』より、予告映像と特別バージョン予告の2種が解禁された。特別バージョン予告は、広瀬すずと松坂桃李が演じるキャラクターがメインに登場する。

【動画】広瀬すずと松坂桃李が少女の“最後の願い”に触れる 映画『いのちの停車場』特別バージョン予告映像

 医師・作家の南杏子による同名小説(幻冬舎)を実写化する本作は、今の日本の長寿社会における現代医療制度の問題点や、尊厳死・安楽死などの医療制度のタブーに正面から向き合い、それらに携わる医師、患者、その家族を描くヒューマン医療ドラマ。吉永が出演作122本目にして初の医師役に挑む。監督は成島出。脚本は平松恵美子が担当する。

 都内の救命救急センターで働いていた主人公・白石咲和子(吉永)は、ある事件をきっかけに故郷の金沢へ戻り、在宅専門医として「まほろば診療所」で働き始める。院長の仙川徹(西田敏行)、看護師の星野麻世(広瀬すず)、医大卒業生の野呂聖二(松坂桃李)も加わり、いつしか「まほろば」は咲和子にとってかけがえのない家族のような存在に。さまざまな理由から在宅医療を選択した患者やその家族と向き合ううち、咲和子は“命の終わり”に心地よく寄り添う医療とは何か、深く考えるようになる。

 予告映像は、咲和子をはじめとする「まほろば診療所」の4人が、7組の患者とその家族に向き合い、最期の一瞬まで自分らしく生きようとする患者の願いに寄り添う姿を描いたもの。
 
 冒頭、美しい桜が舞う中、幼なじみの中川朋子(石田ゆり子)から「先生、私あとどれぐらい生きられますか?」と問われ、「永遠に」と力強く答え笑顔で共に写真に写る咲和子。続いて、最期の時を平穏に過ごしたいと願う宮嶋一義(柳葉敏郎)、在宅医療を望む愛する妻とともに暮らす並木徳三郎(泉谷しげる)、病を抱えながらも「一日中ベッドに寝て、食事だけするのは生きていることじゃない」と言い切る芸者の寺田智恵子(小池栄子)、難病を患う娘が「病院に見捨てられたんです」と訴え泣き崩れる若林祐子(南野陽子)など、それぞれの生き方を貫く患者と、さまざまな思いを抱えた家族たちの姿が映し出されていく。

 そんな患者たちと彼らの家族に寄り添いながら、「まほろば診療所」に集う面々は、医療やいのち、そして自分たちができることは何かを深く考え直していく。映像の終盤、患者とその家族を優しく包み込み、朝日を見つめ涙を流す咲和子の姿は、患者との悲しい別れだけではなく、その中に温かな“何か”が芽生えることを感じさせてくれる。医師たちの強い思いとその覚悟、そして患者と家族が互いを大事に思い向き合うことで見えてくる、“いのち”の新たな希望が描き出された予告映像となっている。

 特別バージョン予告は、麻世(広瀬)と野呂(松坂)の若い2人が、患者の少女の“最後の願い”に触れる姿を収めたもの。<いのち>に向き合えず医師になれなかった野呂と、事故で家族を失い<いのち>を見失った麻世。大切なな何かを見失った2人が「まほろば診療所」で出会ったのは、健気に患者と向き合う医師・咲和子。そして、小さな体で懸命に生きようとする少女の<最後の願い>に触れ、次第に彼らは失った大切な何かを取り戻していく。少女を優しく、時に涙をこらえ見つめる麻世のまなざし、一方で涙をこらえず感情をあらわにする野呂のまなざしが印象的な、温かさに満ちた映像に仕上がっている。

 映画『いのちの停車場』は、5月21日より全国公開。

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月2日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。