日向坂46・影山優佳、活動復帰から1年 “ひなあい”は「自然体で臨めるように」

日向坂46・影山優佳、活動復帰から1年 “ひなあい”は「自然体で臨めるように」
拡大する(全1枚)

 2018年から2年間、学業のためにグループの活動を休止し、昨年5月に復帰した日向坂46の影山優佳。復帰から1年。ブランクを全く感じさせない活躍を見せている。グループでの活動にとどまらず、強い“サッカー愛”から数々のスポーツ番組に出演。女子サッカー部の青春を描くアニメ『さよなら私のクラマー』のPRを務める「応援マネージャー」に就任するなど個人の仕事も順調だ。わずか1年での躍進の秘密はどこにあるのか。日頃の活動で意識していること、復帰後の変化を聞いた。

【写真】ポニーテールがかわいい影山優佳 撮り下ろしカット(8枚)

■忙しくなってさらに実感した“サッカー愛”

――「応援マネージャー」に就任したアニメ『さよなら私のクラマー』は女子サッカー部の青春を描いた作品です。影山さんといえば、多数のサッカー番組に出演し、豊富な知識と熱量で共演者をうならせるほどの“サッカー好き”。「応援マネージャー」に決まったときはどう思いましたか。

影山:作品をPRする立場は初めてだったので、「私でいいんですか」という気持ちもありつつ、すごくうれしかったです。いろんな人にサッカーの魅力を知ってもらいたくて、普段アニメを見ない方や、サッカーに詳しくない方にも興味を持っていただけるお手伝いができたら。作品をPRしつつ、サッカー業界全体を盛り上げる一翼を担えたらという気持ちです。

――声優にも初挑戦しました。

影山:もともとお芝居が好きでやっていきたいと思っていて、声だけでお芝居をすることにもとても興味がありました。スムーズにできた部分も、何度も録り直した部分もあるんですが、自分の声を確認してアドバイスをいただきながら演じました。

――今回のようにサッカーに関する仕事が増えていますが、以前のようにファンとして楽しむ立場から、仕事として関わるようになって、サッカーの見方など接し方に変化はありますか。

影山:以前は試合を見て楽しんでいただけですけど、今は仕事としての使命感も生まれています。番組に出演するときには「すごいことを言ってくれるんじゃないか」という期待を感じることはありますけど(笑)、やりがいを持って楽しくお仕事できています。

サッカーは仕事として見なきゃいけないという思いもありつつも、結局は好きで仕事の合間や移動中に、携帯で試合のハイライトを見たりするんです。Jリーグだけではなく、海外の試合も好きで見るのですが、曜日も違うし、時差もあるので、うまくスケジューリングできています。

――グループの活動で忙しいと思いますが、試合を見る時間は確保するようにしているんですね。

影山:試合はフルじゃなくて、ハイライトで見ることが多くなりましたけど、その分ハイライトで見る試合数が増えました。だから実際には全然時短になっていないんです(笑)。忙しくなってから、より「サッカーが好きなんだ」と実感しました。「結局見ようとするのか!」って(笑)。

――サッカーはチームプレーですが、日向坂46もバラエティー番組で、トークの掛け合いで見せるチームプレーがすごいですね。日頃、グループのチーム力を感じる瞬間はありますか。

影山:以前、林修先生の『日曜日の初耳学』(MBS・TBS系/毎週日曜22時)にメンバー5人で出演させていただいたとき、エピソードトークで1人がMCの方に振られた後、5人のトークで次々につないで、結局5人全員で1周したことがあったんです。そのときはチームワークがすごいなって思いました。

前もって相談していたわけじゃなくて、思いつきのトークだったんです。それぞれほかのメンバーが話せる場面を作ろうとしたのと、次々にエピソードが出てくるほど仲が良いのとで、自分たちながら感心した出来事でした。ただ、トークが長すぎて放送されなかったんですけど(笑)。終わったあとにみんなで「すごいね」って笑いました。■復帰から1年の変化 “ひなあい”は「自然体で臨めるように」

――グループのチーム力についてのお話もありましたが、ここからは日向坂46での活動についてお聞かせください。復帰後からブランクを全く感じさせない活躍で、例えば『日向坂で会いましょう』(テレビ東京/毎週日曜25時5分:以下、ひなあい)では復帰直後から振り切った活躍を見せていました。収録の前にはしっかり準備をするのでしょうか。

影山:復帰してからしばらくは、台本を読んで「こういうことを言おうかな」と前もって考えていました。そうじゃないと不安だったんです。メンバーのバラエティー能力の高さを身に染みて感じていたので、「面白いことを準備しないと」って。ただ、はじめは全力で頑張ることしかできなかったところから、少しずつ周りが見えてくるようになってきて。最近は自然体で臨めるようになりました。

――次第に変わってきたんですね。

影山:本気でふざけたり、ガヤを入れたり、自然に自分が楽しいようにやっていた方が、メンバーやMCのオードリーさんに笑ってもらえることが多いのに気付いたんです。だから、準備したがりなタイプではあるんですけど、最近はあえて準備しないようにしています。

――今やオードリーの2人に急に振られたりしても平気ですか?

影山:う~ん、でもオンエアされていないところで“大スベリ”はよくしているんです(笑)。話題を振られたら応える方なので、実は打率は高い方ではなくて。カットされることも多いんです。ただ、もともと“強心臓”なところがあるので、恵まれた性格だなと思いつつ、楽しんでいます。

――放送を見て反省することも?

影山:いっぱいあります。放送はよく見ますね。「失敗したな」とか、「大スベリしたな」というときは、見たくない気持ちもあるんですけど(笑)。私は振りかぶりすぎて空回りしていることが多いので、そういうのを見て反省したり。ほかのメンバーがどう収録に臨んでいるのか、どう振る舞っているのか、見ると勉強になることも多いです。

「ひなあい」のほかにも、メンバーが活躍している姿を見るのが好きで、メンバーが個人で出ている番組もよく見ます。

――自分だけではなく、メンバーの番組もチェックしているんですね。

影山:メンバーに話を振ってトークのきっかけを作ったり、メンバーを立てたりできる人になりたいんです。「ひなあい」はエピソードトークの回も多いので、そういうときにメンバーの魅力を引き出せるよう、普段からエピソードをメモしておいて、より面白く伝えられるように意識しています。

――自分のためではなく、メンバーのためにメモを?

影山:「悪魔のノート」みたいな感じで(笑)誰々にこういうことがあった、とかメモしています。

――「悪魔のノート」(笑)。グループに復帰されてから、5thシングル「君しか勝たん」では、日向坂46メンバーとしては初のシングル参加となりました。

影山:今までシングルに参加していなかったので、日向坂46のメンバーとして活動できることが少なくて「みんなのために活動できているのか」と不安になることもありました。だから、こうしてメンバーと一緒に活動できることが増えるのは安心しましたし、初めてシングルに参加する分、新たなエンジンとして頑張りたいと思っています。

――3列目中央というポジションについてはいかがですか。

影山:ポジションへのこだわりはあまりないんです。フォーメーション発表の当日も、メンバーと「シンメのペアのコンビ名どうする?」と笑っていました(笑)。フォーメーションを気にするというよりは、自分が活動することで日向坂がもっと人気になったり、元気になってもらえる方が増えたら、という気持ちで。これからもそんな思いを大切に活動していきたいです。(取材・文:編集部 写真:松林満美)

 テレビアニメ『さよなら私のクラマー』はTOKYO MXほかにて、毎週日曜23時30分放送。『映画 さよなら私のクラマー ファーストタッチ』は全国公開中。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年6月11日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク