モーガン茉愛羅、ふっくらお腹で登壇 客席からの祝福の声に笑顔
拡大する(全1枚)

 モデルで写真家のモーガン茉愛羅が6日、都内で開催された映画『エッシャー通りの赤いポスト』ジャパンプレミアに、藤丸千、黒河内りく、山岡竜弘、小西貴大、上地由真、園子温監督と共に出席。10月20日に俳優の松田龍平との入籍および妊娠を発表したモーガンがふっくらとしたお腹で登壇し、結婚への祝福に笑顔を見せる一幕があった。

【写真】ふっくらお腹で登場したモーガン茉愛羅 『エッシャー通りの赤いポスト』ジャパンプレミアの様子

 園監督がワークショップに参加した役者たちと創り上げた本作は、カリスマ映画監督・小林正の新作映画のオーディションに参加した有名無名の役者たちそれぞれの物語が“赤いポスト”を起点に展開していく。この日のMCは、本作にも出演している上地が担当した。

 園監督は本作について「2年前、僕が心筋梗塞で倒れて復活した時にこのワークショップの話がありまして。いつもはやらなかったと思うんですけど、僕もまた新人としてやり直したいなという、初心に帰ってピュアな気持ちでなにかをやりたいという時にちょうどこの話がありました」と告白。

 さらに「ワークショップで授業を3日やるだけじゃ面白くないっていうのが前提にあって、だったら3日後に映画をとってワークショップの成果にしようということで始めたんです」「普通に映画館でかかるような映画を作ることになるとはまったく思ってなかったんで。当時」と思いを馳せた。

 またモーガンは、ワンピースの上に羽織ったジャケットからふっくらとしたお腹をのぞかせて登場。ワークショップに参加した時点では配役が決まっていなかったそうで「電車に乗ってる時に『配役が決まった』って連絡を受けて、興奮しちゃって1回降りました」と笑った。

 最後に観客へのメッセージを求められた園監督は「『愛のむきだし』や『冷たい熱帯魚』より全然面白い、最高の映画ができたと思っています。私の自信作です。素晴らしい映画になりました」と胸を張った。

 そしてイベントの終了間際、客席からモーガンに向けて「結婚おめでとうございまーす!」と祝福の声が飛ぶと、モーガンは照れたような笑顔を浮かべて頭を下げていた。

 映画『エッシャー通りの赤いポスト』は12月25日より全国順次公開。