日本から"廃墟都市"見学をするなら 中国・天津の浜海新区へ [橘玲の世界投資見聞録]

『チャイナズ・スーパーバンク』の著者たちは、この映画を引いて天津市の開発担当者の固い信念を説明する。「それ(巨大新都心)を作れば、彼ら(世界の大手金融機関)は来る」のだ――残念ながら、その奇跡が起きることはないだろうが。

 ところで、下は浜海新区の区政府の建物だ。実はこの近くにも立派な建物があるのだが、「東洋のマンハッタン」計画でちゃっかりもうひとつつくったのだという。

 だが建物が完成して2年ちかくたっているのに、いまだに移転が始まっていない。タクシー運転手の話では、後ろ盾だった温家宝の引退で乱開発への批判が厳しくなって、移転できなくなったのだという。

 今回の「不動産バブルの旅」で感じたのだが、中国のひとたちはほんとうに地元の政治の裏事情に精通している。

中国五大都市の天津が実質破産状態か

 ここで公正を期すために述べておくと、ビジネス特区の開発がすべて失敗しているわけではない。下は国際会展中心(コンベンションセンター)前で、平日にもかかわらずたくさんの屋台で賑わっている。


 なにごとかと思って近づくと、なんとコスプレの一大イベントが開催されていた。日本のアニメを中心にさまざまなコスプレ姿の天津の若者たちが集結し、イベントのいちばんの目玉はボーカロイド、初音ミクの音楽ショーだった。

 会展中心站にはイオンの大きな店舗が併設されているが、イベントのせいもあってかなりの賑わいだった。さらに驚いたのは、駅の改札に向かおうとすると不動産販売員から次々と声をかけられたことだ。


当時の記事を読む

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年9月28日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。