「アフリカからもっとも近い、“黒人のいない”リゾート」モーリシャス [橘玲の世界投資見聞録]

 下はポートルイスの街角。いたるところで衣類や雑貨などが広げられて大変な賑わいだが、集まっているひとたちはみなインド人だ。

 こちらはモーリシャス北部に新しくつくられたショッピングコンプレックス、「ラ・クロワゼット」。100軒以上のブティックショップやレストランのほか、映画館やオフィス棟もある。そのなかのフードコートにいるのも、やはりインド人ばかりだ。


 モーリシャスの人口は約130万人で、そのうち7割がインド系、3割がクレオール(アフリカ系)なのだから、この島には40万人ちかい黒人がいるはずだ。だがポートルイス市内やショッピングセンターなど、どこに行ってもインド人しかいない。

 だったら、クレオールはどこにいるのだろう。

 この疑問が解けたのは偶然だった。

 レンタカーで島の中央部にある山岳地帯を越え、東側を回ってポートルイスに戻ろうとしたのだが、その途中に小さな町がいくつかあって、そこにクレオールのひとびとが集まっていた。運転中なので残念ながら写真は撮れなかったが、そこはまさに“アフリカ”で、黒人しかいないのだ。

 このようにモーリシャスでは、インド系とクレオールの居住地域が明確に分かれている。ここまで人種間の分離が進んでいると、インド系の住人たちはクレオールと知り合うことすらないだろう。

少数派のクレオールは就業機会が少ない

 モーリシャスで泊まったのは、200室以上の客室がある大型リゾートホテルだった。


当時の記事を読む

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年5月10日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。