杏林大学が北京大学医学部(中国)、ウィッテンバーグ大学(アメリカ)と学術交流協定を締結

杏林大学が北京大学医学部(中国)、ウィッテンバーグ大学(アメリカ)と学術交流協定を締結
拡大する(全2枚)
杏林大学が、中国の北京大学医学部、アメリカのウィッテンバーグ大学と友好協力を促進するため、学術交流協定を締結した。この協定をきっかけに両大学での学術交流を進めていく。


(1) 杏林大学と中国の北京大学(医学部)は平成27年10月12日(月)午後、北京にて両大学の友好協力を促進するため、学術交流協定を調印した。

 北京大学医学部が主催した調印式で、本学松田博青理事長、跡見 裕学長、及び北京大学方 偉崗医学部長、孫 秋丹国際交流センター長との間で協定書が調印・交換された。
 調印式には、本学渡邊 卓医学部長、塚本慶一国際交流センター長も同席した。
 1898年創立の北京大学は従来の文系理系の基礎教育と研究を主とした総合大学から、1998年の創立100周年を機に、世界一流の大学をめざす方針のもと、新たな歩みを始めた。その一環として、北京大学は、北京医科大学を始め、多くの医学関係機関を取りまとめて、あらたに北京大学医学部を立ち上げた。これにより、北京大学は、医学と人文社会科学・理系各分野の融合をさらに進め、大学全体の基盤をいっそう固めた。
 調印後、杏林大学一行は、北京大学の陳 宝剣副学長との面談に臨んだ。2013年に北京大学外国語学部との間に調印された学術交流協定と合わせて、従来の通訳翻訳分野の交流をはじめとして、さらに、医学分野の交流、ひいては両総合大学間の本格的な交流が広がり、さらなる交流発展を進めたいとの期待が双方から語られた。

この記事の画像

「杏林大学が北京大学医学部(中国)、ウィッテンバーグ大学(アメリカ)と学術交流協定を締結」の画像1 「杏林大学が北京大学医学部(中国)、ウィッテンバーグ大学(アメリカ)と学術交流協定を締結」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Digital PR Platformの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク