曽爾村と近畿大学が包括連携協定を締結 近畿大学の農学を中心とした総合力で曽爾村を活性化

曽爾村と近畿大学が包括連携協定を締結 近畿大学の農学を中心とした総合力で曽爾村を活性化
曽爾村(奈良県宇陀郡)と近畿大学(大阪府東大阪市)は、令和元年(2019年)8月1日(木)に曽爾村振興センターにて、包括連携協定を締結しました。


1.本件のポイント
● 曽爾村と近畿大学が教育の拡充・地方創生を目指し包括連携協定を締結
● 食品関連分野での商品開発や農林業の発展をはじめ、魅力的な村づくりに取り組む
● 近畿大学の建学の精神である「実学教育」を実践し、就農や地方創生を志す学生に実践的な学びの場を提供する


2.本件の内容
曽爾村と近畿大学は、平成28年度(2016年)4月より、焼酎の共同開発を始め、平成29年度(2017年度)からは農学部の学生が曽爾村でトマト、ほうれん草、ベビーリーフ、米などの栽培に携わる農業実習を行うなど、農業・食品分野を中心として協力しています。本協定締結により、近畿大学の14学部48学科を擁する総合大学としての英知を結集し、曽爾村の有する豊かな自然環境、歴史、文化を生かして、曽爾村農業の6次産業化(農業の1次産業が生産だけでなく、加工や流通・販売を手がけること)や豊かな林業資源の活用等に取り組み、曽爾村の活性化を図り、地方創生に貢献します。


3. 連携事業について


(1)農業実習プログラム
平成29年度(2017年度)より、曽爾村内の農業者の元での農業実習を実施しています。平成29年度は6名、平成30年度は6名が参加しました。 今後は、農林水産省が推進する「農業女子プロジェクト」を通じて村内在住の女性農業者と連携し、特産のトマトなどを用いた新商品の開発や交流事業の実施を検討します。

あわせて読みたい

Digital PR Platformの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月17日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。