徳島文理大学薬学部の深田俊幸教授らが、アトピー性皮膚炎に関わる新たな分子を発見 -- 体内の亜鉛を運搬するZIP10が関与することを世界で初めて明らかに

徳島文理大学薬学部の深田俊幸教授らが、アトピー性皮膚炎に関わる新たな分子を発見 -- 体内の亜鉛を運搬するZIP10が関与することを世界で初めて明らかに
徳島文理大学(学長:田村禎通)薬学部の深田俊幸教授と高知大学医学部の佐野栄紀教授らを中心とした共同研究グループ(※1)は、体内の亜鉛を運搬する分子ZIP10がアトピー性皮膚炎に関与していることを、ヒト臨床検体を用いた研究によって、世界で初めて明らかにした。この研究の成果は公益社団法人日本皮膚科学会『The Journal of Dermatology』の電子版に、日本時間12月26日(木)に掲載される。


■研究の背景
 亜鉛は生命の維持に必要な9種類の必須微量元素のひとつである。食事や飲料などに含まれる亜鉛は小腸から吸収され、その後、亜鉛トランスポーター(※2)と呼ばれる亜鉛を運搬する分子によって全身の細胞内に取り込まれる。
 一方、何らかの原因によって生体内の亜鉛量が低下すると、皮膚炎をはじめとするさまざまな亜鉛欠乏症の症状が現れる(※3)。
 深田教授らの研究グループでは、遺伝子改変マウスを用いた実験から、亜鉛トランスポーターの一つであるZIP10が表皮を形成する細胞へ亜鉛を運搬する働きを担っており、皮膚のバリア機能(※4)に必要であること(図1)を発見し、2017年に発表した(※5)。
 皮膚のバリア機能は、皮膚からの水分の蒸散や外来成分の侵入を防ぐ重要な役割を担っている。その機能の喪失は、アトピー性皮膚炎をはじめとするさまざまな皮膚病の症状として現れるが、ヒトの皮膚疾患におけるZIP10の関与は明らかにされていなかった。

あわせて読みたい

Digital PR Platformの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月26日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。