【京都産業大学】井手町の活性化を目指す「井手応援隊」が、町内を灯籠で彩るイルミネーションイベントを開催!

【京都産業大学】井手町の活性化を目指す「井手応援隊」が、町内を灯籠で彩るイルミネーションイベントを開催!
京都産業大学は、地域社会の発展と人材の育成を図るため、京都府綴喜郡井手町と連携協力包括協定を2013年に締結。経済学部 大西辰彦ゼミの学生が「井手応援隊」として井手町内の魅力を発信し、交流人口を増やす活動に取り組んでいる。今回、6年目となるイルミネーションイベント「井手!みねーしょん」を開催した。


「井手!みねーしょん」は2014年から続くイベントで、井手町の中心部を流れる玉川や井手応援隊の活動拠点である「むすび家ide」の周辺を、約2,000個の灯籠によって彩る。地域に根付いた毎年恒例のイベントとして、毎年約1,000人が来場する。今回は「1日だけの開催ではもったいない」という町民の声を受け、これまで1日のみの開催であった日程を1週間に延長し、11月24日(日)~30日(土)に開催した。

幻想的に灯された町内を見た来場者からは「井手町の魅力を再発見できた」、「灯りが町への誇りとして深く記憶に刻まれた」と非常に好評であった。

井手応援隊は、大学で学ぶ専門的理論やキャリア教育科目などの知識を活用し、井手町(民)が抱える各々の課題の検討から解決策の提案、実践までを行う「キャップストーンプログラム」にも取り組む。2019年度には、他の自治体における実例等を参考に、シビックプライド(まちに対する誇りや愛着)を醸成する機会を提供することが郷土愛を育むことにつながると考え、地域の中学生を対象に「郷土愛を育むためのまちづくり教育」を目的とした授業を開講。井手町の活性化を目指した新たな活動も始まっている。

あわせて読みたい

Digital PR Platformの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月10日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。