昭和大学先端がん治療研究所の鶴谷教授らのグループが、がん細胞のHER2遺伝子変異がHER2を標的とした抗体薬物複合体(ADC)の効果を予測するバイオマーカーになりうることを示唆する臨床試験の結果を発表

学校法人昭和大学(東京都品川区/理事長:小口勝司)が設置する昭和大学先端がん治療研究所(東京都品川区/所長:鶴谷純司)の鶴谷純司教授、Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのDr. Bob Liを中心とする研究グループは、「HER2高発現、あるいは同遺伝子変異を有する固形腫瘍における新規ADC(※1)、トラスツズマブデルクステカンの有効性と安全性を示し、がん細胞のHER2遺伝子変異が治療効果を予測する」との結論を導き、その研究成果が米国がん学会(AACR)機関誌『Cancer Discovery』に3月25日付で発表された。さらに、同グループはReverse Translation Research(※2)で「HER2遺伝子変異を有するがんではHER2発現を伴わなくてもADCの効果が高い」ことを突き止め、同誌に同時掲載された。


 HER2遺伝子は、がん化や進展に重要な役割を果たしており、いわゆる「がん遺伝子」と呼ばれているものの一つである。胃がんや乳がんなどを中心にさまざまな固形腫瘍でHER2の高発現が認められており、その生物学的意義は大きいと考えられる。現在、胃がん、乳がんでのみこの分子を標的とした薬剤が臨床導入されている。

 HER2遺伝子変異を有するがん細胞は肺がん、乳がん、大腸がん、胆管がん、卵巣がんなどで報告されており、一般にHER2高発現を伴っていないことが多い。いわゆるHER2陰性(HER2-low)と表現され、これまでHER2をターゲットとした分子標的薬は適応外だった。

あわせて読みたい

Digital PR Platformの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月26日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。