中央大学が一般財団法人オープンバッジ・ネットワークと「オープンバッジ」の実証実験を実施 -- 学部間共通科目の修了学生にオープンバッジを発行

中央大学が一般財団法人オープンバッジ・ネットワークと「オープンバッジ」の実証実験を実施 -- 学部間共通科目の修了学生にオープンバッジを発行
拡大する(全3枚)
中央大学(所在地:東京都八王子市、学長:河合久)と一般財団法人オープンバッジ・ネットワーク(所在地:東京都新宿区、代表理事理事長:岸田徹)はこのたび、デジタル証明書「オープンバッジ」の共同実証実験を実施する。全学部生が参加可能な学部間共通科目「AI・データサイエンス全学プログラム」や「ファカルティリンケージ・プログラム(FLP)」において、カリキュラムを修了した学生にオープンバッジを発行。その実施状況、受領者の意見や活用状況等を両者で調査し、今後の活動に資する実験や調査を進めていく。


 オープンバッジとは、IMS Global Learning Consortium(IMS Global)が設定した国際技術標準規格。近年海外で普及が進んでおり、今後、日本でも浸透することが見込まれている。
 国際標準規格であるため、さまざまな機関からのバッジを統一して管理することで生涯学習履歴を構築することができ、また、就職活動においてもデジタル履歴書に客観的に認定された付加価値を付与することができるなど、学生の利便性も向上されると考えられる。

 今回の実証実験は、2021年6月~2022年5月を活動期間として実施。実験を通じて、全学での展開を見据えた今後の活用を検討していく。

■オープンバッジのメリット
 オープンバッジは、その人のスキルを証明するしくみであり、ビジネスの世界ではもちろんのこと、欧米の大学では学生の能力や活動を証明するものとして、すでに普及が進んでいる。日本のビジネス界でもパートナーや従業員の能力を証明するツールとして、今後ますます普及が見込まれ、大学生の就職活動においても、デジタル履歴書の普及が進めば、連動してオープンバッジが当該学生のスキルを証明する手段として活用されていく可能性がある。

この記事の画像

「中央大学が一般財団法人オープンバッジ・ネットワークと「オープンバッジ」の実証実験を実施 -- 学部間共通科目の修了学生にオープンバッジを発行」の画像1 「中央大学が一般財団法人オープンバッジ・ネットワークと「オープンバッジ」の実証実験を実施 -- 学部間共通科目の修了学生にオープンバッジを発行」の画像2 「中央大学が一般財団法人オープンバッジ・ネットワークと「オープンバッジ」の実証実験を実施 -- 学部間共通科目の修了学生にオープンバッジを発行」の画像3

当時の記事を読む

Digital PR Platformの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク