~ワーク・ライフ・バランスと女性の活躍に積極的に取り組む企業と認定~

企業経営を支援する次世代経営コンサルタント集団で、中小企業のDXアドバイザーのリーディング・プレーヤーである株式会社フォーバル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中島 將典、以下「フォーバル」)の北海道支店(支店長:吉田 祐一郎)は、8月30日付で「札幌市ワーク・ライフ・バランスplus企業」の認証を取得しました。

札幌市は「仕事と子育ての両立」を支援するため平成20年からワーク・ライフ・バランス推進事業を実施し、ワーク・ライフ・バランスに積極的に取り組む企業を独自の基準で認証するとともに、助成金の支給や推進アドバイザーの派遣等の支援を行ってきました。

近年は、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律が制定され、男性の意識改革や働き方の改革も含めたワーク・ライフ・バランスを実現し、男女が共に活躍でき、自分らしく働ける環境整備がより一層求められてるようになってきました。
こうした状況を踏まえ、従来のワーク・ライフ・バランスの認証制度に女性活躍に関する要素を加味して創設したのが、「札幌市ワーク・ライフ・バランスplus企業」認証制度です。

フォーバルでは、従業員の多様な働き方・生き方の選択を可能にする取り組みとして、1日のうち8時間、どの時間帯で勤務するかを社員が自己の裁量で決定できるフリーワーク制度の導入や、1時間単位で取得可能な時間単位有給休暇制度の導入など、先進的な制度を率先して導入してきました。
また、女性の活躍推進に向けて、2017年には社員による子育て・介護世代の両立支援を考えるダイヤモンドプラン・プラチナプランという取り組みを実施し、それをきっかけに時間単位年次有給休暇を導入したほか、2020年には「働くパパママ応援コミュニティ」を開催し、働くパパママだけでなく、子供がいない社員も積極的に参加して情報交流会を行うなど、働きやすい環境の整備とともに、相互理解・相互支援の風土づくりを目指してきました。
これらの独自の取り組みが評価され、今回、「札幌市ワーク・ライフ・バランスplus企業」の中でも最上位の「ステップ3 先進取組企業」として認証されました。

フォーバルは、自ら実践する中小・中堅企業の頼れるコンサルタントとして、働きやすい環境づくりの取り組みをさらに強化していく方針です。



フォーバルについて
企業経営を支援する次世代経営コンサルタント集団で、中小企業のDXアドバイザーのリーディング・プレーヤーであるフォーバル(資本金:41億50百万円、東証一部上場【証券コード:8275】)は、中小・中堅企業を対象に「情報通信」「海外」「環境」「人材・教育」「起業・事業承継」の5分野に特化したコンサルティングサービスをコアビジネスとしています。

[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/1658/51013/150_225_202109141532466140420ebe377.png


本件に関するお問合わせ先
フォーバル 広報室
山田 晃之、萩原 啓一、空 義博
kouhou@forval.co.jp