学生の地域貢献にマッチングプラットフォームを活用 立正大学とガイアックスが「地域連携に関する包括連携協定」を締結!

学生の地域貢献にマッチングプラットフォームを活用 立正大学とガイアックスが「地域連携に関する包括連携協定」を締結!
拡大する(全4枚)
立正大学(所在地:東京都品川区、学長:寺尾 英智、以下 本学)は株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)と、2022年2月10日に学生の地域貢献を目的とした「地域連携に関する包括連携協定」を締結しました。4月3日にainiで初回開催された体験は学生がホストとなり、熊谷キャンパスにゲストを集客しました。これからも、本学の学生がainiでの体験開催を通じて地域住民とコミュニケーションする機会を創出していきます。


●協定締結の背景
 短期大学を含む全国の大学は、地域や社会の課題を共に解決しその活性化や新たな価値の創造への積極的な貢献を地域住民から求められています。(※1)
 本学は埼玉県の東武東上線沿線および西武線沿線の大学・短期大学、自治体、企業が連携する「埼玉東上地域大学教育プラットフォーム(TJUP)」(※2)に加盟し、周辺自治体や企業と連携し地域活性化することで地域課題解決に取り組んでいます。
 立正大学は、ainiを活用することでより積極的に課題解決に取り組む学生が増えると考え今回の協定締結に至りました。
 ainiは、学生の偏愛が体験として世の中に流通し経済価値を生む事は事業ミッションを体現すると考え、体験開催ノウハウを提供します。

(※1)開かれた大学づくり https://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/daigaku/index.htm

この記事の画像

「学生の地域貢献にマッチングプラットフォームを活用 立正大学とガイアックスが「地域連携に関する包括連携協定」を締結!」の画像1 「学生の地域貢献にマッチングプラットフォームを活用 立正大学とガイアックスが「地域連携に関する包括連携協定」を締結!」の画像2 「学生の地域貢献にマッチングプラットフォームを活用 立正大学とガイアックスが「地域連携に関する包括連携協定」を締結!」の画像3 「学生の地域貢献にマッチングプラットフォームを活用 立正大学とガイアックスが「地域連携に関する包括連携協定」を締結!」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Digital PR Platformの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク