東京経営短期大学「観光ホスピタリティコースsupported by Hotel Okura」が6月4日に高校3年生を対象とした業界セミナーを開催 -- テーマは「ホテル業界の未来予想図」
拡大する(全1枚)
東京経営短期大学(千葉県市川市)「観光ホスピタリティコースsupported by Hotel Okura」は6月4日(土)、グランドニッコー東京ベイ舞浜(千葉県浦安市)において「ホテル業界の未来予想図」をテーマにしたセミナーを開催する。当日は、同ホテルの人事採用担当者と同大観光ホスピタリティコースの浜崎統コース長(※「崎」は正しくは「たつさき」)が登壇。ホテル・観光業界の現状や今後の展望、ホテル業界で求められる人物像などについて語る。対象はホテル・観光業界を目指す高校3年生で、事前予約制(先着15組)。参加費無料。


 東京経営短期大学は2020年8月、ホテルオークラと産学連携協定を締結。2021年度には「観光ホスピタリティコース supported by Hotel Okura」を開設している。
 今回のセミナーは、オープンキャンパスの特別プログラムとして行われるもの。コーディネーターとして登壇する浜崎コース長は「The Okura Tokyo」のチーフコンシェルジュを務めた経験を持つ。当日はグランドニッコー東京ベイ 舞浜の人事採用担当者とともに、コロナ禍において打撃を受けたホテル・観光業界の今後の動向ならびに、業界の牽引役であるホテルオークラグループが同大とともに取り組む教育や人材育成の観点も含めた展望などについて語る。

◆開催概要
1.日時:6月4日(土) 14:00~16:00(13:45から受付開始)