review

戦争に勝ち続けるという怖さ。『妄想戦記 ロボット残党兵』完結

戦争に勝ち続けるという怖さ。『妄想戦記 ロボット残党兵』完結
『ロボット残党兵』横尾公敏/徳間書店<br />人間の「強さ」への想像力の限界に挑む「妄想戦記 ロボット残党兵」ついに完結。本当の強さとはなにか、本当の平和とはなにか……とかは置いといて、とにかく前に突き進む機械化人三船の姿を目に焼き付けろ!
少し物騒な質問をします。想像力を働かせてみてください。
人間を大量に殺戮することができるのはどんな生き物でしょうか。
突進する四足歩行型、どこでも登れるクモ型、侵入と防御が得意なヘビ型などなど……。
結論の一つとして上がるのが、人間型だと思います。
二足で走ることができる。手で道具を使うことができる。そして、知能がなにより発達している。
あえて欠点をあげるなら、人間型は体の一部で破損すると、戦えなくなることです。
ならば、体がいくら壊れても死なないようにすれば、無敵の殺戮マシーンが誕生するのではないでしょうか。
 
この発想を生かした仮想戦記が、最終巻がでて完結した『妄想戦記 ロボット残党兵』という作品です。
1943年、日本は敗戦の色濃厚で背水の陣状態。ところが機械化された人間、通称「日の丸人」がゲリラ的に投入されたことによって戦局は一転、ひっくり返ってしまいます。
形は人間なんですよ。極めて原始的なデザインの。鉄人28号の人間サイズ、というと分かりやすいかもしれません。
でもこれがもうめちゃくちゃ強いんだ! 
鋼鉄でできていますから、当然銃弾なんて痛くも痒くもありません。二足歩行なので、戦車では行けない場所へもひょいひょい行けます。銃器を自由に扱い、相手の装甲をひっぺがし、振り回す腕の一撃で人間の一人や二人簡単に殺せます。

こんなの見たら他の国だって「我も我も」と当然のごとく他国も機械化人を投入し始めないわけがありません。次第に機械化人の形状は殺戮に特化し、兵器そのものと化していきます。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年5月27日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。