「アホだな~、そうだよアホだよ」軟式globeの今

最近は「ラッスンゴレライ」の8.6秒バズーカーや「あったかいんだから」のクマムシのように歌ネタがきっかけとなり、人気が出た芸人が多い。
しかし、歌ネタといえば、ある人気番組に流星の如く現れて流星の如く消えていった「軟式globe」という伝説の男女ユニットを覚えているだろうか?

1997年から2005年まで、TBS系列で『学校へ行こう』というバラエティ番組が放送されていた。軟式globeは、その中の「B-RAP HIGH SCHOOL」という大人気コーナーに出演し、歌ネタ(と踊り)を見せるのだが、初回登場時からものすごいインパクトだった。軟式globeは、90年代後半に一世を風靡した小室哲哉率いる『globe』のパロディで、公式(硬式)ではなく、あくまでも軟式という意味だ。

【軟式globeのパフォーマンス】


メンバーは、ボーカル担当の「KOIKE」とダンス&ラップ担当の「パークマンサー」。言わずと知れた、globeの「KEIKO」と「マークパンサー」のパクリである。ちなみにキーボードの小室哲哉役はいない。特にパークマンサーはかなりインパクトがあり、アフロヘアにとんがらせた口、そして登場からなぜかずっとドヤ顔というスタイル。
globeの代表曲『Love again』が流れると、KOIKEが歌いパークは突然スイッチが入ったかのように踊る。そしてサビの「I'm Fallin' Love~♪」の部分になると、掛け合いが始まる。...続きを読む

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る 2015年7月13日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。