「出たくねえ」t.A.T.u.がボイコットした伝説のMステ

生放送にはトラブルがつき物です。それは1986年から30年近く生放送を続けている『ミュージックステーション』(以下『Mステ』)も例外ではありません。
特に『Mステ』で人々の記憶に残っているトラブルといえば、やはり「t.A.T.u.ドタキャン事件」でしょう。

【そもそもt.A.T.u.って誰?】
ていうかt.A.T.u.って一体何者よ?という方もいるでしょうから簡単に説明しましょう。t.A.T.u.はロシアから来た美女2人組で、2000年代前半には日本でも人気になりました。特徴的なのはそのコンセプト。日本の女子高生のような制服を着て、歌うときは手をつないだり、ディープキスをしたりします。いわば”レズ”がコンセプトなんですが、日本でもこのようなパフォーマンスは話題になりました。

【人気絶頂でのMステ】
当時、日本でも人気だった彼女たちは来日して生放送の『Mステ』に出演することに。しかし、結果は最悪の事態に。オープニングこそt.A.T.u.は参加したのですが、なんと出番になっても楽屋から出てこないのです。司会のタモリも必死に呼びかけ、他の出演者の曲順を変え引き延ばすも結局最後まで現れませんでした。

【ミッシェルガンエレファントの伝説的パフォーマンス】
t.A.T.u.のボイコットのため、放送時間が余ってしまいます。そこで急遽、出番を終えたばかりのミッシェルガンエレファントが即興でもう1曲歌うことになりました。「ミッドナイト・クラクション・ベイビー」を歌ったのですが、これがタモリも含めてスタジオは大盛り上がりに。...続きを読む

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る 2015年7月23日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。