清水翔太 大胆変化をみせる新曲「BYE×BYE」/インタビュー

■New Single『BYE×BYE』インタビュー(1/2)

清水翔太 過去の自分と決別か――大胆変化へ

タイトルの「BYE×BYE」は、過去の自分との決別なのか。そう深読みしたくなるほどジャケットやミュージックビデオといった見た目からガラッと変化した清水翔太のニューシングル。サウンドも最近の海外の潮流を採り入れたオルタナティブR&B路線の、攻めのミディアムナンバーとなっている。今年2月に初のベストアルバム『ALL SINGLES BEST』をリリースし、新たな道を歩み始めた彼は今どんな気持ちで楽曲制作に向き合おうとしているのか。現在開催中の自身最大規模となる全国ツアーのテーマも含め、たっぷり語ってもらった。
(取材・文/猪又 孝[Do The Monkey])

やるせない恋の歌「BYE×BYE」 ……ま、実体験かな(笑)

――今回はまずビジュアルから大胆に変化を遂げた作品になりましたね。やっぱりそれはベストアルバム後の1発目のシングルというところもあって?

翔太:アートワークを含め、もうちょっと今っぽいところを攻められたらいいなという気持ちはありましたね。いい意味でも悪い意味でも、これまでは普遍性を重要視してたし、追い続けてきたからこそ、それを表現することの難しさもわかっているつもりだから、もうちょっとそれを楽しんでやれないかなって。

――フレッシュ&クラシック。その両方を求めていこう、みたいな?