■T.M.R. LIVE REVOLUTION'13 -UNDER:COVER2-
2013.08.25(SUN) at 両国国技館
(※画像8点)

ステージ上には白い立方体で出来た数多くのオブジェが並び、曲間にはストーリー仕立ての映像が流れるなど、徹底したコンセプトのもとに構成。アルバム『UNDER:COVER2』を引っ提げてのツアー【T.M.R. LIVE REVOLUTION’13-UNDER:COVER2-】も残すところ2本となった東京・両国国技館でのライヴは、まさにこの場所にふさわしい熱気と興奮に満ちたステージとなった。

水樹奈々とのコラボ・シングル「Preserved Roses」でスタートし、この時点で一気にライヴはピークを迎える。そこから続けざまに『UNDER:COVER2』収録曲を披露。原曲をさまざまなアプローチでセルフカバーしたのが『UNDER:COVER2』だったが、ライヴではさらに迫力を増して曲ごとの個性が伝わってくる。へビーなアレンジが施された「LEVEL 4」をはじめ、攻撃性が際立つ楽曲を最強のライヴパフォーマンスで放っていく。「蒼い霹靂」「独裁 -monopolize-」も今まで以上に鮮やかな表情を感じさせ、全身全霊でぶつかってくる歌とサウンドに会場全体が圧倒される。

冒頭にも書いたように、曲間には西川貴教が奥田瑛二扮する男と対話をする映像によって、心の葛藤が次々と言葉になっていく。その言葉に導かれるように次の曲へと連なる展開のため、MCは一切ない。本編が一つの作品として完成度を持っているため、少しのズレも許されない緻密なステージングだ。もちろん、楽曲はそれぞれライヴならではの躍動感に満ちた手応えが施され、堅苦しさとは無縁のハイテンションで迫ってくる。