柴咲コウ カバーアルバム『こううたう』を携え開催された“和”をテーマにした全国ツアー/ライブレポート

■Ko Shibasaki Live Tour 2015「こううたう」
2015.10.17(SAT) at 東京国際フォーラム ホールA
(※画像6点)

夜に輝くかぐや姫が描く壮大な音楽絵巻

今年6月にリリースしたキャリア初のカバーアルバム『こううたう』を提げた柴咲コウの約2年ぶりの全国ツアーの最終公演。本ツアーのセットリストには、当然ながらカバー曲も盛り込まれてはいたが、それ以上に、シンガーとしての13年間という“これまで”を集大成し、女優としての17年間を振り返り、ひとりの女性としての34年間を紐解くような、壮大なスケールの音楽絵巻となっていた。柴咲コウという人間をよりよく知るためのライブであり、ひとり芝居によるミュージカルであり、コンテンポラリーダンスやインスタレーションでもあった。

開演前には、スタンダードナンバー「Fly me to the moon」の様々なバージョンがBGMとして流されていた。暗転とともに雨が(映像と音で)降り始め、落雷によって激しさを増していく。一瞬の静寂のあと、バンドによるインダストリアルロックが鳴り響き、2人の女性ダンサーがステージ上で舞を見せる。やがて、ステージ上部から吊り下げれた巨大な短冊のようなスクリーンに言の葉が落ちはじめ、白銀のロングヘアーに着物の羽織をまとった柴咲が登壇。映像は竹林と月を映し出している。

映画『黄泉がえり』の主題歌として、劇中の役名RUIで歌い、大ヒットしたシングル「月のしずく」からはじまる第一幕のモチーフは、「竹取物語」のかぐや姫であり、“月”だろう。涙で月が滲む「泪月-oboro」からCoccoのカバー「Raining」、「またうまれるころには」「影」と、遠く離れた場所へと旅立ってしまった愛する人へに向けたラブバラードが続く。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク