星野源 新作『YELLOW DANCER』を引っ提げたツアーをレポート/ライブレポート

 
星野源 新作『YELLOW DANCER』を引っ提げたツアーをレポート/ライブレポート
撮影/岸田哲平

■星野源/【星野源 LIVE TOUR 2016 “YELLOW VOYAGE”】ライブレポート
2016.01.24(SUN)at さいたまスーパーアリーナ
(※画像9点)

新作『YELLOW DANCER』を引っ提げての旅

さいたまスーパーアリーナは20,000人の観客で超満員。この日は17時の開演で、まだ外は「SUN」のメロディをハミングしてもいいくらいに明るい。ちなみに彼の出身はここ埼玉であり、そしてこの会場は、これまでのライブの最大規模のキャパとなる。そう、そんなスペシャルが重なったわけだ。でも終盤のMCでは、ふとこんな言葉が……。スーパーアリーナが「こんなに好きな会場になるとは」と……。“好きな会場に”の真意は、つまり新たなチャレンジに伴うリスクも心積もりとしてあったということだろう。でも見事にやり切ってみせた。我々オーディエンスの心の中にも、たくさん“お土産”を持たせてくれたのだった。

星野源 新作『YELLOW DANCER』を引っ提げたツアーをレポート/ライブレポート
撮影/岸田哲平

星野源 新作『YELLOW DANCER』を引っ提げたツアーをレポート/ライブレポート
撮影/岸田哲平

星野源 新作『YELLOW DANCER』を引っ提げたツアーをレポート/ライブレポート
撮影/五十嵐一晴


開演とともに場内に響いたのは声優・銀河万丈のエスプリの効いたナレーション。舞台セットはカーテンなどあしらったちょっとフォーマルなもので、非日常空間に迷い込んだ雰囲気だった。最初にこうした“前提”を設け、一から物語を綴って行くというのは演劇的でもある。そして本人登場。写真でおわかりの通り、彼の衣装もお客さんに対して礼を尽くしたフォーマルなものであった。

ブラスやストリングスも加わった大編成のバンドが功を奏したのは「地獄でなぜ悪い」や「Crazy Crazy」「桜の森」といった楽器のアンサンブルが楽しい作品。もちろん客席はビートとともに揺れたけど、星野源ライブの特色として言えるのは、盛り上がりが画一的じゃなく、オーディエンスがそれぞれ自分の心のカタチのまま一つになれることだ(ここ肝心です試験に出ます)。そういや彼は、場内に一斉に好きな食べ物の名を叫ばせたりもしたっけ。もちろんみんなバラバラ。でもそれはコトバを越えた叫びとなり彼に届いた。自分の心のカタチのまま一つになれるということの実践としての、典型的なシーンでもあった。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

星野源のプロフィールを見る
エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「星野源」に関する記事

「星野源」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「星野源」の記事

次に読みたい「星野源」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク