24日(日)、RKB毎日放送の創立65周年を記念し、福岡護国神社にて『福岡音楽祭 音恵 ONKEI 2016』が開かれた。同イベントのプロデューサーでもある葉加瀬太郎を始め、LE VELVETS(ボーカルグループ)、西村由紀江(ピアノ)、ウェイウェイ・ウー(二胡)、沖 仁(ギター)に高嶋ちさ子(ヴァイオリン)等のクラシカル系ミュージシャンに加え森山良子、地元福岡出身の藤井フミヤら8組が出演し、4時間の熱いパフォーマンスを繰り広げた。

『福岡音楽祭 音恵 ONKEI 2016』のトップバッターを務めたのはLE VELVETSの5人。テノールとバリトンの美しい声を広い境内に響き渡せる。西村由紀江とウェイウェイ・ウーは自身のステージの他に、このふたりで結成した新ユニット「PiaNico」でも参加。ギター・スタンダード曲「禁じられた遊び」でスタートした沖 仁は時には静かに時には激しくと緩急自在にフラメンコ・ギターを爪弾く。

森山良子のステージでは「涙そうそう」で二胡のウェイウェイ・ウー、「子犬のワルツ」に西村由紀江のピアノ。そして世界中のミュージシャンにカバーされる名曲「ユー・レイズ・ミー・アップ」を葉加瀬太郎と共にと、曲ごとに豪華なコラボレーションを披露し集まったオーディエンスもじっくりと楽しんだ。高嶋ちさ子は「リベルタンゴ」で圧巻のヴァイオリンを響かせ会場を圧倒。

そして日が沈み始めた18:30過ぎ。ステージには藤井フミヤが登場。まず本殿に一礼した後、1曲目「鎮守の里」をゆっくりと歌い出す。続いては高嶋ちさ子をゲストに迎えての「TRUE LOVE」。フミヤのボイスに高島のヴァイオリン。その美し過ぎる共演に場内もうっとりと聴き入る。この日はヤフオクドームで開催される『鷹の祭典2016』の最終日。フミヤはリハーサルを終えた後、球場に駆けつけ試合終了後には38500人で埋まったスタジアムで1曲歌い、再び護国神社に戻ってきた。