smadan

衆議院議員・長島昭久氏が語った離党の決意、政局、私生活「僕らは“真田丸”みたいなものなんです」

今年4月に民進党を離党し、現在は無所属で活動する衆議院議員の長島昭久さん。そんな長島さんに様々なお話を伺ってきました!
衆議院議員・長島昭久氏が語った離党の決意、政局、私生活「僕らは“真田丸”みたいなものなんです」
インタビューに応じていただいた長島昭久さん

石原良純とは同級生、印象的だったエピソードとは?


長島さんは石原良純さんと小学生からの同級生だったといいます。

「ちょうどその当時はお互い、逗子に住んでいたので、よく一緒に通ってました。私は当然普通車に乗るんですけど、彼はグリーン車に乗ってました。まさに“セレブの象徴”みたいな感じでしたね(笑)」

良純さんの父親といえば、石原慎太郎氏。当時、慎太郎氏は既に政界に進んでいたこともあり、長島さんの政治との最初に近いかかわりだったようです。石原宅で経験したこんなエピソードを披露していただきました。

「僕が小学校の時に、石原家の自宅の庭で缶蹴りをしたんですよ。隠れようと物置きをガラッと開けたら、そこに片目のダルマがあってギョっとしました。確かちょうど、良純君のお父さんが都知事選挙に出て美濃部さんに負けた直後だったんです。(注:石原慎太郎氏は1975年東京都知事選挙に出馬するも、僅差で落選)。幼な心に見てはいけないものを見てしまったと思いましたね(笑)」

民進党を離党……その葛藤を語る


さて、そんな長島さんは今年4月、民進党を離党しました。離党会見では、「共産党との選挙共闘」が受け入れがたいものだったと語っています。
民進党という組織の方針に異を唱えた形ですが、組織と個人との狭間で悩むというのは、政治家のみならず、社会人であるならば誰でも経験することでしょう。

離党までの葛藤はやはり相当だったようです。

「民進党という組織人としての一面と、政治家としての信念との葛藤にかなり悩まされました。それは個人というレベルにとどまることなく、仲間、同僚、応援してくれている後援会の人たちもいるわけです。今まで乗ってきたレールを外れる訳ですから、そう簡単ではないですよね」
編集部おすすめ
スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースランキング

スマダンランキングをもっと見る
お買いものリンク