smadan

真木よう子「コミケ騒動」は何だったのか お粗末な“黒幕”探しで議論消し飛ぶ

女優・真木よう子さんの「コミックマーケット93」参加騒動、なんだか関係者も外野も誰もが妙にぐったりしてしまう一件だった。真木さんを焚きつけたとされる“黒幕”が実在するのかもわからず、ただ「嫌な事件だったね」としか言えない……。

人気女優の参加はコミケに混乱もたらす?


真木よう子「コミケ騒動」は何だったのか お粗末な“黒幕”探しで議論消し飛ぶ

真木さんは8月25日、出版社を通さず自由にフォトマガジンを制作するとして、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」に目標金額を800万円に設定した支援募集ページを立ち上げた。東京ビッグサイトにて今冬開催される同人誌即売会「コミックマーケット93」に参加し、自身が完成品を手売りする予定だった。

しかし、“芸能人”が“自分の写真集”を“支援金を募って”コミケで販売するということで、ネット上では「コミケでやる必要がない」という批判が噴出した。しかもコミケといえば、開催期間中の来場者はのべ50万人にも達する大規模イベント。真木さんとそのファンたちがコミケのマナーをどれだけ把握できているのかも不明だったため、会場にいたずらに混乱をもたらすのではないかと不安がる声も多く上がった。

昨冬「コミケ」に初参加した叶姉妹が歓迎を持って受け入れられたのは、初期段階で「郷に入っては郷に従う」というリスペクトの姿勢を明確に示した部分が大きかった。その点、真木さんの参加表明は、「本当にコミケを理解した上で言っているのか?」と疑問に思わせる雰囲気があった。

コミケは公式サイトにて、その理念を「すべての表現者を許容」「一人でも多くの表現者を受け入れる事を目標とする」と掲げている。とはいえ、「継続を最大の役割として行動する」とも明記されているため、ネット上の議論は、人気女優のコミケ参加によって起こりうるトラブルを想定した上で、コミケの理念のうち前者と後者、どちらを優先させるべきかという様相を帯びてきた。

あわせて読みたい

  • 魚釣りしつつ社長面接 ナゾ採用の狙い

    魚釣りしつつ社長面接 ナゾ採用の狙い

  • ある日突然、うつ病になった時の対処法

    ある日突然、うつ病になった時の対処法

  • 「Jアラート鳴っても会社休みにならない」 北朝鮮ミサイルで“社畜ツイート”相次ぐ 

    「Jアラート鳴っても会社休みにならない」 北朝鮮ミサイルで“社畜ツイート”相次ぐ 

  • 「私は競争ができません」空想地図作家・地理人の働き方

    「私は競争ができません」空想地図作家・地理人の働き方

  • スマダンの記事をもっと見る 2017年9月5日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース