smadan

「意識高い系」は転職市場でどう評価されているのか

転職マーケットにおいて、「意識高い系」の人々は一体どのように評価されているのでしょうか?
人材サービスのパーソルキャリアが運営する、転職サービス「DODA」の編集長を務める、大浦征也さんにお話を伺ってきました。

「意識高い系」は転職市場でどう評価されているのか
転職サービス「DODA」編集長 大浦 征也さん

「意識高い系」は高評価、それとも低評価?


――「意識高い系」の人はどう転職市場でどう評価されていますか?

「ストレートにお答えすると、『意識高い系』であること自体が直接的に評価を左右することはないと思います。中途採用のマーケットにおいては、実態として過去にどのような経験や実績を積み、どんなスキルを保有しており、それをこの会社にどう活かせるのかという部分が評価項目となります。意識が高いかどうかは、その評価項目の中には入っていないのです」

――「意識の高さ」は関係ないということですか?

「正確に言うと、その意識の高さによりどのような行動をとったのか、どのような実績が出たのかが重要になります。その人の取り組んでいた意識高い系の活動、例えば『ある社会課題に対して問題意識を持ち、こんな取り組みをして、こんな価値を生み出した』、『復興支援に向けてこんな取り組みをして、こんな成果を出した』といったエピソードに、ある一定の尖りがある場合。そのレベルまで極めたからこそ見える風景があり、それをビジネスに応用できるイメージがあれば、ポジティブな評価を受ける場合もあります。ですがそのレベルにはないにもかかわらず、中途採用マーケットで一般的に評価される項目を差し置いて、『自分は意識が高いです』というようなことをアピールしてしまうと、当然ですが評価はされません」

――よほどの尖りがなければアピール材料にはならない。

「よほどの尖りという訳ではないですが、実際の業務での成功体験や実績に匹敵するだけのエピソードや、結果が必要ということですね。もうひとつ、すごくネガティブに捉えられがちなパターンとしては、意識高い系の取り組みの裏で普段の業務の部分がないがしろになっているケースです。活動を深掘ってみると実際には特別アピールするだけの価値を提供できていない、しかも本業としての仕事や勉強がおろそかになってしまい、どちらも中途半端で結果を出せていないという場合、企業に評価されないどころか、悪い印象を与えてしまいます」

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク