review

死者を蘇らすことに成功した男への哀悼の書『ジョージ・A・ロメロ』ゾンビという発明

ジョージ・A・ロメロが死んだ。

ゾンビの父、キング・オブ・ザ・デッド、モダンホラーの帝王などなど、ロメロを称する言葉は様々あるが、ともかく1978年に発表した『ゾンビ』(原題:Dawn of the Dead)の監督として、その名を映画界へ永遠に刻み込んだ。ファンにはいまさら説明するまでもないが、ロメロは『ゾンビ』を撮る10年前、その原型とも言える作品の『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』で監督デビューしている。

何らかの原因によって墓場の下から死者が蘇り、生きた人間の肉を求めて彷徨いはじめる。ゾンビに噛み殺された者は、やがて自分もゾンビとなって、同じことを繰り返す。ゾンビはすでに死んでいるので、簡単に倒すことはできない。その動きを封じるためには、脳を破壊するしかない──。

第1作目で提示された設定は、そのままゾンビの定義となった。ロメロはその後、いくつか別テーマのホラーを撮ったり、ときにはロマンチック・コメディなど撮ることもあったが、それでもほぼ生涯を通じてゾンビものばかりを撮り続けた。本年7月の訃報を受けて洋泉社より緊急出版された本書『ジョージ・A・ロメロ』は、そんな彼の功績を讃える哀悼の書だ。

本書のほぼ全編は、ホラー映画に造詣の深い山崎圭司と、ゾンビ映画研究の第一人者である伊東美和の対談によって構成されている。作品論はもちろんのことながら、その対話はロメロの哲学や人柄にまで及び、まことに興味深い。また、篠崎誠、大畑創、井口昇、継田淳といった、ホラー映画だけにとどまらない活躍をみせる監督たちも、各人がロメロ監督から受けた影響を語っており、これも読み応えがある。ラストには、ロメロの熱烈なファンであり、テレビゲーム『バイオハザード2』のコマーシャルをロメロが撮影する際に同行した経験もあるノーマン・イングランドの貴重な思い出(翻訳は高橋ヨシキ+柳下毅一郎!)まで収録されているという豪華さだ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク