島田昌典、8月より開催したオーディションの最終到達点イベント『島田会ゼロ』で若者達に愛あふれるエール

音楽プロデューサー島田昌典が8月より開催したアーティストオーディション『島田会ゼロ2017 NEW GENERATION みんな来てきて~!』の最終到達点となるライブイベント『島田会ゼロ2017』が11月19日(日)、原宿ストロボカフェで開催された。当日は島田がオーディションからピックアップした新世代アーティストCAVE、Sara、ナカムラマユの3組が出演。様々なトップアーティストを手がける島田のお眼鏡にかなったということもあって、いずれも個性的かつハイレベルなステージパフォーマンスを繰り広げ、新世代登場を予感させるスペシャルなイベントとなった。

まずオープニングアクトとして学生ボーカルグループCity Chordが登場。爽やかなハーモニーでイベントのスタートを切ると、島田がステージに登場。今回のイベントの根幹にある「島田会」のヒストリーを紹介した。2009年から続く、秦基博、いきものがかり、back numberとのライブコラボレーション「島田会」に、新世代アーティストがいつか本家「島田会」に出演できれば、その足がかりの一歩という意味合いも込めて、この3組が選ばれたという。

最初に登場したのはメロウでダンサンブルなサウンドを奏でるシティポップ3人組のCAVE。ボーカルYuReeNaのハイトーンボイスとバンドの正確無比な演奏が一気に会場のボルテージを上げた。続いて登場したのは現役女子高生17歳のSara。荒削りなボーカルながら、aikoの世界観も彷彿とさせる女子の内面をキュートに切り取った歌詞と変幻自在なメロディをしっかりと歌いきって会場をさらに盛り上げると、最後に登場したのはカントリーテイストなサウンドにハスキーな声が心地よいナカムラマユ。若干20歳ながらも肝の据わった堂々としたステージパフォーマンスを繰り広げ、この日「ゼロボーイズ」と銘打った新進気鋭のサポートミュージシャン、松本ジュン(Key)、西嶋ライトマン(Gt)、林あぐり(Ba)、尾田凌平(Dr)との相性も抜群で、ピックアップアーティスト最後のステージをしっかりと締めくくった。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

島田昌典のプロフィールを見る
エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク